きゃりーぱみゅぱみゅ

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(24)が28日にツイッターで、「重たい咳が続く」などとコメント。先日40度の高熱を出してライブを急きょ延期しているだけに、ファンから心配の声が挙がっている。

 きゃりーは15日に神戸国際会館こくさいホールで開催される予定だった公演を直前に延期。16日にツイッターで、突然のライブ延期を詫び、「何日か前から咳をしていて、お仕事をしていたものの昨日神戸に行く新幹線の途中で体が熱くなり病院につく頃にはフラフラになっていました」と自身の体調を報告。

 さらに、「解熱剤とビタミン注射をしていただいてはじまるギリギリまで戦っていたのですが熱が全然下がらず神戸公演を中止させてもらいまさした」と苦渋の決断だったことを明かし、「40.0℃」を示した体温計の画像を公開していた。

 その後、体調は回復。神戸公演も4月12日に振替実施されることが決まり、きゃりーは「神戸の振り替え公演が決定しました! よかった」などと安堵の声を寄せていた。

 ところが、25日には「咳!止まれ!STOP!咳!!!」と咳がなお止まっていないことをツイート。28日になっても、「風邪なんてとっくに治ってるのに重たい咳が続くから気管支炎が咳喘息かなあー。はー」とため息をつき、「毎日咳止め飲んでるのに」と悩まし気にコメントした。

 そのためファンからは「まじかぁ!!!ヤバイなぁ」「大丈夫?」「病院行って見て貰った方がいいんじゃない!」「悪化してからでは、遅いよ」「声命なのにね はー」などと労いや助言のコメントが数多く投稿されている。