「進撃の巨人 Season2」でミカサの声を演じる石川由依にインタビュー/撮影=石塚雅人

写真拡大

4月1日(土)より放送されるアニメ「進撃の巨人 Season 2」(毎週土曜夜10.00-10.30ほか、TOKYO MXほか)。その名の通り、第1期からの続きの物語が描かれる。前期が放送されたのは2013年。その総集編として「劇場版『進撃の巨人』前編〜紅蓮の弓矢〜」(2014年)、「―後編〜自由の翼〜」(2015年)も公開されたが、TVアニメとしては実に丸4年ぶりとなる。

【写真を見る】石川はミカサを演じる難しさを語る/撮影=石塚雅人

今回は、主人公のエレン・イェーガーの幼なじみであるミカサ・アッカーマンを演じる声優・石川由依に、本作の見どころやアフレコ現場の様子を聞いた。

「第1期は、梶裕貴さん演じる主人公のエレンを中心に物語が展開していました。ネタバレになってしまうのでまだ多くは語れませんが、Season2では新しいキャラクターたちも登場し、さまざまなところで物語が動いていきます。今回、新鮮な気持ちで挑むために原作をあえて改めて読むことはしていないんです。アフレコも徐々に進んでいるところなので、私もまだ今後アニメがどう展開されていくか詳しくは知らないところが多いのですが、前期以上にたくさんのキャラクターの活躍があると思います」

石川演じるミカサは芯の強いキャラクターではあるものの、あまり感情を大きく表に出すタイプではない。幼少のころから劇団に入り、舞台などでの演技も経験し活躍してきた石川だが、ミカサという役を声優として演じるうえで常に難しさを感じているという。

「そのキャラクターの感情表現が大きければ大きいほど、さまざまな表現を考えられると思うのですが、ミカサは芯が強くて感情をあまり表に出さないキャラクター。ただ、内に秘める思いは強いんです。今のところ、演じるうえで監督から大きな指示が入ることはあまりないのですが、どのように演じようかというのは常に悩んでいます」

また、シリアスな物語ということもあり、現場は独特の雰囲気があるという。

「前作もそうだったのですが、『進撃の巨人』のアフレコ現場って、緊張感があって静かなんです。特に今回、新しいキャラクターが登場することで声優さんも増えて、緊張感も増しました。そのおかげもあってか、集中して役に入り込みやすいです」

物語の中でいつ誰がどうなるかは分からない。戦闘シーンも多い。そのため常に声優陣は気を抜けないのだという。しかし、アフレコが終わればいつもの日常が訪れる。

「アフレコ中は緊張感がありますが、それ以外は本当に他愛ない話をしています。特にエレン(声・梶裕貴)、ミカサ、アルミン(声・井上麻里奈)の幼なじみ3人組は前作や劇場版、関連イベントなどご一緒させていただく機会が多くて、移動中は『人狼ゲーム』などをして遊ぶことも多いです(笑)。最近は『進撃の巨人』のリアル脱出ゲームに、みんなで遊びに行って来ました」

本作でミカサ役を演じる以外にもさまざまな仕事で多忙な日々を過ごす石川だが、いま挑戦したいことなどはあるのだろうか。

「今年は、乗馬をすることを目標にしているんです! 大学時代に体験したことがあって、すごく楽しかったんです。『進撃の巨人』の中でも、ミカサは馬に乗るじゃないですか(笑)。それは冗談ですけど、半分本気でもあって、ちゃんとそういうリアルな感覚もつかんでおきたいとは思っています。体幹が鍛えられて運動にもなりそうだし、最近は暖かくなってきたのでそろそろ時間を作って始めたいですね」

【取材・文=鈴木梢】