家族に隠れてギターの練習をしてきたミゲル少年 - 映画『リメンバー・ミー』より
 - (c) 2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

 メキシコの祝祭「死者の日」と音楽をテーマにしたディズニー/ピクサー最新作『COCO』の邦題が『リメンバー・ミー』に決まり、12月23日より日本公開されることが明らかになった。邦題は、ストーリーの重要なカギを握る曲「リメンバー・ミー」から取ったものだという。

 本作は、1年に1度だけ亡くなった家族たちと会えるというメキシコの「死者の日」を舞台に、テーマパークのような死者の国で繰り広げられるピクサー史上最もエモーショナルで奇想天外なファンタジー。音楽を愛しながらも禁じられた少年ミゲルと、彼が死者の国で出会うスケルトンのヘクターの冒険を描く。『トイ・ストーリー3』で世界を涙で包んだリー・アンクリッチが監督を務めている。

 「死者の日」は日本の「お盆」に似ていると語るピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジョン・ラセターは「わたしたちは、思い出を風化させないこと、家族の次の世代、またその次の世代へと思い出を生かし続けていくことが何より大切と考えます。本作ではまさにそのことがテーマとなっています。ある少年が彼の祖先のことを知り、そしてある秘密を知ってしまいます。『リメンバー・ミー』は、あなたの家族をたたえ祖先を称賛する、とてもエモーショナルで、日本の皆さんにとってもとても特別な作品になると思います」とコメントしている。(編集部・市川遥)

映画『リメンバー・ミー』は12月23日より全国公開