エリザ・ドゥシュク
 - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「ドールハウス」のエリザ・ドゥシュクが、第2シーズンが決まったマイケル・ウェザリーの新ドラマ「ブル(原題) / Bull」に出演することになったとDeadlineなどが報じた。

 「ブル(原題)」は、心理学者にしてトークショー「ドクター・フィル(原題) / Dr. Phil」の司会者であるフィル・マッグロウが、陪審員の選出を手助けするコンサルタントをしていた時期を基にしたドラマ。マイケルが、弁護士の戦略にあった陪審員を選出するため分析を行うコンサルタント会社のトップ、ジェイソン・ブル博士を演じている。

 エリザが演じるのはニューヨークで最強の刑事事件弁護士事務所のトップ、J・P・ナネリー。ドクター・ブルはコンサルタント会社のメンバーの一人が実刑判決を受ける可能性が出てきたため、彼女を雇うようだ。

 今回は3エピソードのゲスト出演だが、第2シーズンではレギュラーとして戻ってくるオプションも契約に入っているという。(澤田理沙)