タイに4-0の快勝も、西野技術委員長はパスミスや連動性について課題を口にした。写真:徳原隆元

写真拡大

[W杯アジア最終予選] 日本 4-0 タイ/3月28日/埼玉
 
 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選のタイ戦が3月28日、埼玉スタジアムで行われ、日本が4-0で快勝を収めた。
 
 日本サッカー協会の西野朗技術委員長は、「まず結果をしっかり取れて、ひとつの目標は達成した」と勝点3を獲得したことを称賛した。しかし、ひとつの目標を達成したとしながらも、「(日本代表は)もっと違うステージで戦うというところを目指しているので、ハーフタイムも、試合が終わってからも、監督は厳しい伝え方を選手にしていた。試合内容についても、個人的にも非常に厳しい要求をしていました」とハリルホジッチ監督が今日の試合に満足していないことも打ち明けた。
 
「タイが攻撃的に入ってくることは、想定していました。逆にそう来られた方が戦いやすい。多少ポゼッションをされたり、攻撃的に来られるけれど、逆にカウンターを取りやすい。そのなかで、なかなかチャンスがありませんでしたけど、良い形で攻撃に切り替えていた。久保のサイドは(タイの)ウィークポイントで、そこをうまく突けて、攻撃に関してはある程度狙いどおりだったと思います」
 
 こう試合を振り返った西野氏自身も、「ただそれにしても全体的にイージーなパス交換のミスがあったりとか、連動しない時間が前半は長い間あったので、非常にタフな試合でもありました」と楽に試合を運べなかった点を指摘。「有効に決定打を狙って取れた試合だったが、全体的には点差ほど開いたゲームではなかったと思う」と、結果を評価しながらも内容への物足りなさを語った。
【日本代表PHOTO】香川、岡崎、久保、吉田で4ゴール&川島のPKストップでタイに完勝!