今回の2連戦で2得点・3アシストと奮迅の働きを見せた久保。フランス国内での知名度もうなぎ登り!? 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[W杯アジア最終予選] 日本 4-0 タイ/3月28日/埼玉
 
 フランスの二大メディア、『フランスフットボール』誌と『レキップ』紙が、それぞれのウェブサイトで日本代表対タイ代表のレビュー記事を掲載。内容はほぼ同じで、ハリルジャパンの戦いぶりを絶賛した。
【日本代表PHOTO】タイ戦の美女サポーターたち
 

 とりわけ、隣国のベルギーで活躍し、フランス国内でも話題沸騰の久保裕也をベタ褒めした。
 
「第1戦でUAEを相手にショッキングな敗北を喫したが、ヴァイッド・ハリルホジッチの日本代表は、そこから6試合負けなしの快進撃だ。この日もマルセイユの酒井(宏樹)が先発。タイに4-0と大勝を収め、夜に試合を行なうグループリーダーのサウジアラビアにプレッシャーを掛けた。
 
 輝きを放ったのはまたしても久保裕也だ。UAE戦で1ゴール・1アシストを記録した男は、この日も3得点に絡んで見せた。前半に香川真司と岡崎慎司のゴールをアシストすると、後半の57分、“日本のメッシ”は左足で25メートル弾をねじ込み、試合を決定づけた」