「OneBe UNO Touch」(ワンビの発表資料より)

写真拡大

 ワンビは28日、センサーに指でタッチするだけでログインできる指紋認証リーダーと不正利用防止ソリューション「OneBe UNO」を組み合わせた「OneBe UNO Touch」の受注を4月3日から開始すると発表した。

 「OneBe UNO」は、店舗やショールーム、病院、工場、学校など使用範囲が限られている持ち出し禁止の端末にインストールするスタンドアローン型のセキュリティソリューション。端末のネットワーク状況や位置情報、電源の接続などを監視し、利用ポリシーに違反した状態を検出すると、大音量アラームや入力デバイスのロック、強制シャットダウンにより、不正利用や不正持出を防ぐ。

 OneBe UNO Touchで採用する指紋認証リーダーは、Windows 10搭載パソコンに対応した小型リーダーで、デバイスをUSBポートに挿入するとドライバーが自動的にインストールされ、指紋もWindows Helloの設定画面から簡単に登録できる。

 サイズは、パソコンに挿した状態でも飛び出した部分は約10mmと、世界最小・最軽量クラスのシンプルなスタイルだ。認証は、タッチするだけでスライドも不要なことから1秒以内の高速で可能となっており、わずらわしいパスワード管理が不要となることで、利便性とセキュリティを同時に向上させる。