レーティング:日本 4-0 タイ《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節のタイ代表戦を埼玉スタジアム2002で行い、4-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽日本代表採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 川島永嗣 7.0

集中力を維持し、前半終了間際と後半序盤にビッグセーブ。さらにPKストップ

DF

19 酒井宏樹 5.5

良い攻め上がりも見せたが、パスミスなど軽いプレーがいくつかあった

22 吉田麻也 6.0

相手FWに制空権を譲らず、終盤にCKからチーム4点目を記録

6 森重真人 5.5

好フィードで先制点の起点となるも、ビルドアップで危険なミスも

5 長友佑都 4.5

PK献上だけでなく、守備で裏を取られるなど後手を踏む場面が多く、攻撃面でも見せ場なし

MF

21 酒井高徳 5.5

中盤の底で機動力を見せたが、攻守に少しバタついた

16 山口蛍 5.5

中盤中央のスペース管理に集中。平均的なパフォーマンス

10 香川真司 6.5

ゴール前で冷静さを見せて、早い時間帯に先制弾を記録。アクセントを付けた

(→13 清武弘嗣 5.5)

精度の高いCKから吉田のゴールを演出した

FW

14 久保裕也 7.5

UAE戦に続くゴール。さらに、2アシストの圧巻パフォーマンス

(→11 宇佐美貴史 -)

9 岡崎慎司 6.5

らしい飛び込みからのヘディングシュートで日本代表通算50得点目。相手最終ラインとの駆け引きを続けた

8 原口元気 5.5

攻撃時は幅広く動きながらも、守備時は自サイド深くまで戻って長友をサポート

(→4 本田圭佑 5.5)

しっかりとボールに関与し、惜しいシュートも

監督

ハリルホジッチ 6.5

個々のパフォーマンスによる部分も大きいが、4発完勝。予選3連勝と結果を出す

▽タイ代表採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 タムサチャナン 5.0

好守もあったが4失点

DF

19 ドゥ 5.5

守備に集中。前半は踏ん張るも、後半はやや崩れた

5 プロムラク 5.5

日本攻撃陣に出し抜かれて失点も、最低限の対応を見せた

15 ナムウィセット 5.0

ソリッドさを欠いた

2 ノテチャイヤ 5.0

対面の久保を抑えることができなかった

MF

10 ティーラシン 5.5

前半終了間際にゴールに近づくも、川島に阻まれる。PK獲得も、失敗

22 プライヌム 5.5

中盤の底で守備に奔走した

17 タナブーン・ケサラット 5.0

好守において平凡な出来だった

8 チャットーン 5.5

自サイドで守備に追われながらも、前に出る姿勢を見せた

FW

9 クライソーン 5.0

前線で起点になることができなかった

18 ソングラシン 5.5

前半は沈黙も、後半は積極性を見せて際どいシュートも

監督

キャティサッ・セナムアン 5.5

個人のスキルの差が出たが、点差ほど内容は悪くなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

久保裕也(日本)

▽1ゴール2アシストと躍動。仕掛けにキレがあり、クロスの質も良く、試合を通じてプレー精度が高かった。

日本 4-0 タイ

【日本】

香川真司(前8)

岡崎慎司(前19)

久保裕也(後12)

吉田麻也(後38)