8分に先制点を奪取。4得点の口火を切った。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選のタイ戦が3月28日、埼玉スタジアムで行われ、日本が4-0で快勝を収めた。
 
 この試合で値千金の先制点を決めたのが香川真司だ。

【日本代表PHOTO】タイ戦の美女サポーターたち♥

 
「うまくシュートフェイントを入れてゴールに流し込めた。立ち上がりでの先制点が大事だったので取れて良かった」と自らの得点を振り返った香川は、「UAEに勝ったということで、ホームでも必ず勝たないといけない試合だったので、その勢いをもたらすことができて良かった」と喜びを語った。
 
 23日に行なわれた敵地でのUAE戦に2-0で勝利し、3月シリーズは2連勝。この結果に日本の背番号10は「必ず勝たないといけない試合をしっかりとみんなで勝ち切ったのが良かった」と安堵の表情を浮かべながらも、「まだまだ戦いは続くのでしっかり6月も勝てるように頑張っていきたい」と気を引き締めた。