韓国・珍島沖で、半潜水型の運搬船へ積載されたセウォル号の船体(2017年3月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】韓国・海洋水産省は28日、2014年に沈没し、300人余りの死者・行方不明者を出した旅客船セウォル(Sewol)号から回収された骨片が、人間ではなく動物のものだったと発表した。

 同省は「国立科学捜査研究院(National Forensic Service)の検査結果によると、それらは7個の動物の骨片だった」と述べ、以前発表した声明を修正した。
【翻訳編集】AFPBB News