Girl′s Day、カムバックショーケースに米有名作曲家が訪問…「期待以上の楽曲になった」

写真拡大

Girl's Dayがアメリカの有名作曲家との記念ショットを公開した。

27日、江南(カンナム) ILCHIアートホールにてGirl's Dayの5thミニアルバム「GIRL`S DAY EVERYDAY #5」のショーケースが開催された。

公開された写真の中で、Girl's Dayはショーケース会場の楽屋で明るく笑っている。その隣には今回のGirl's Dayのタイトル曲「I'll be yours」を作曲したライアン・S・ジャンと収録曲「THIRSTY」「TRUTH」などに参加したアメリカの作曲家たちが直接ショーケースの現場を訪れ、Girl's Day応援スローガンを持っており、目をひく。

これに対して、ライアン・S・ジャンと作曲家たちは「Girl's Dayが韓国のトップアイドルグループらしく、本当にうまくこなしてくれ、期待以上の楽曲になった。これからも引き続き共に作業したい」と伝えた。

また、この日の会場は取材陣とファンのためごった返し、Girl's Dayの人気の高さを実感させた。