『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』に出てくる多脚戦車「タチコマ」は、そのかわいらしい形、声、そして動きで大人気。特に1体だけではなくチームとなった時の自己犠牲の精神は見るものを涙ぐませました。そのタチコマがなんと、CVの玉川砂記子さんの声のままで喋り、動き、しかも並列化するんです。ま、まじかー。こんなヘンタイ的(誉め言葉)プロダクトをお送りするのはもちろん、おなじみのセレボさんです。

まずは動画でどうぞ!



外観、動きの再現度がすごい


今回モデル化されたタチコマは1/8スケール。版元から提供された3Dデータを元に緻密に再現されたために、まさにスクリーンtoリアル(S2R)。この「S2R」はセレボが提唱しているアニメや映像から世界観をそのままにリアル、現実世界にプロダクトを再現するプロジェクト。第1弾はドミネーターで今回は第2弾となります(関連記事:エンジニアが本気を出すと玩具も変わる。全自動可変型PSYCHO-PASS「ドミネーター」)。


攻殻機動隊タチコマがあのままの声、動き、学習能力で登場するよ!2


僅かにデフォルメされたのはリアにあるポッド部分、多少小さくすることで全体のバランスをとっています。本体内の狭い空間になんと15個のサーボ、6つのDCモーターを内蔵。可動範囲はなんと22軸で、4本の脚はそれぞれ3自由度を持っているからまさに玩具を超えた、マジもんのロボット。スマホアプリから遠隔操作することもでき、多脚の先についたローラーで4輪駆動します。


攻殻機動隊タチコマがあのままの声、動き、学習能力で登場するよ!3


目にあたる環境センサーはカメラを内蔵、画像認識までちゃんとするんです。


喋り、人工知能がすごい


動きの再現度もすごいですが、コミュニケーションもすごいです。玉川砂記子さんの声は600通り以上をあらかじめ新規録音し内蔵。劇中のシーンの再現はもちろん、挨拶といった日常会話はとても自然にできますよ。クラウド連携で明日の天気やスケジュール確認といった実用性も兼ね備えています。


攻殻機動隊タチコマがあのままの声、動き、学習能力で登場するよ!4


さらにタチコマに向かってモノをみせながら「これは何?」と聞くと、玉川砂記子さんの声で「うーん、うーん…それはナントカだね!」と答えてくれるかわいらしさ。例えばレモンやコップを見せれば「それはレモンだね!」や「それはコップだね!」と認識してくれるんですよ。

さらっとできているようですが、その裏にはクラウド技術満載。タチコマ内蔵のカメラで撮影した映像をMS cognitiveで画像認識、Googleで音声認識を行ない、自然言語処理はJetrun、その後合成音声エンジンでCV玉川砂記子さんの声を合成して出すという凝りよう。

さらに注目の「並列化」とは、「レモンは甘いんだよ」と教えれば学習してくれるんですが、出荷されたタチコマの学習データベースはクラウド上で共有、他のタチコマでも学習結果が反映されるんです。すると当然「誰だ、こんなこと教えたやつは!」というシーンがご家庭でも再現されちゃうものです。どこまでヘンタイちっく(誉め言葉)なんだ…。


SPECIAL EDITIONがすごい


攻殻機動隊タチコマがあのままの声、動き、学習能力で登場するよ!5


気になるお値段は通常モデルが15万7400円(税別)、SPECIAL EDITIONが17万7400円(税別)。アルミ削り出しパーツを脚、腕先にふんだんにつかったSPECIAL EDITIONは質感がぐっと本物っぽくなるので、どうせ買うならこちらのモデルが欲しいですね。

ただいま予約受付中、商品出荷は6月からの予定です。


photo: 野間恒毅
source: Cerevo

(野間恒毅)