一筋縄ではいかない…!モテないと思い込んでいる男性へのアプローチ方法

写真拡大



こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

気になる男性がいる。でも、遠回しに思いを伝えても反応がない…。そんな時は、「自分は恋愛対象外かもしれない」と思うかもしれません。

でも実は、彼に自信がなく「自分はモテない」と思い込んでいるからこそ、あなたの好意に気づけていない可能性もあります。

もしそうだとしたら、すごくもったいない。

そんなもったいないことにならないためにも、今回お伝えするのはモテないと思い込んでいる男性へのアプローチ方法になります。

■1.「私は」を主語にして褒める

彼を褒める時に、「私は」を主語にして褒めましょう。

モテないと思い込んでいる男性は自信がないので、褒め言葉を素直に受け取ることができません。

そこで、「私は」と言葉にしてちゃんと伝えてみましょう。その褒め言葉があなたの主観であると示してあげることで、否定しようがない気持ちとして伝えるのです。

またその褒め言葉を言い続けることで、彼は「俺は他の人からするとそうでもなくても、この子からすると魅力的なんだ」と思えるようなってきます。

継続的に、褒め続けましょう。

■2.最近の変化を伝え、褒める

「最近かっこよくなった?」「最近男っぽい雰囲気になったね」などと、最近の変化を伝えて褒めましょう。

モテないと思い込んでいる男性は、過去の自分を基にモテないと判断しています。

ですから、最近変わってきた魅力を伝えることで、過去の自分とは違うという意識を持ってもらえるのです。

そうすると段々と彼にも自信がついてきますし、あなたのアプローチが好意であることにが伝わり、受け入れてもらえるようになるのです。

■3.告白ギリギリの言葉でアプローチする

告白ギリギリの言葉でアプローチするといいでしょう。

「○○くんの近くにいるとドキドキする」「それ以上かっこよくなったら困る」など、「俺のこと、もしかして好き??」と思えるような強い言葉を多用します。

言葉だけでなく、触れるくらい彼の近くで話すようにしたり、実際にボディタッチをしながら話してもいいでしょう。

ポイントとしては、他の男性とハッキリ差をつけることです。

他の男性も同じように褒めたりすると、ちょっとしたことであっても「みんなにやっているから、俺の勘違いだろう」と思ってしまいますからね。

元々自信がない人であることを念頭に置いたうえで、行動しましょう。

■4.彼と逆のタイプが苦手であると伝える

彼の容姿が優れていないのであれば、「イケメンが苦手」と言ってみる。彼の身長が低ければ「背の高い人は一緒にいて落ち着かない」などと言ってみる。

つまり、気になる男性の逆のタイプが苦手であることを伝えましょう。

モテないと自分で判断している男性は、何かしらそう思う理由があるわけですから、その理由を知って逆のタイプを否定することです。

あなたの好みが彼のタイプだと伝えてあげることによって、あなたのアプローチが素直に受け入れられやすくなりますよ。

■おわりに

モテないと思い込んでいる男性は自信がないので、想いさえ伝わってしまえば付き合いやすいとも言えます。

「俺のこと好き?」と勘違いさせるようなギリギリの態度で根気よくアプローチしていきましょうね。

今後の参考になさってください。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)