アメリカやヨーロッパで親しまれる日本発のトレーディングカードゲーム「Force of Will」の世界観を基にしたオリジナルオムニバスアニメーション映画「Force of Will the Movie」が2018年に公開されます。映画の中では複数のアニメ作品がオムニバス形式で流れるようで、記事作成時点ではクトゥルフ神話ベースの「L.S」、ヒンドゥー教の二大叙事詩であるラーマーヤナをベースとした「RAAM -THE BRIDGE TO LANKA-」、そしてストーリーのベースなどは一切不明な「Pinocchio」といった3作品の存在が明らかになっており、ストーリーの一部を垣間見ることができるトレーラーも公開されています。

まずは、Force of Will the Movieがどんなプロジェクトなのかを紹介するムービー。

FoW the Movie 2018 紹介ビデオ - YouTube

「Force of Will the Movie」



Force of Will the Movieは世界的に有名なトレーディングカードゲーム「Force of Will」にインスパイアされたオムニバスアニメーションムービーです。



各作品は次世代のアニメーションディレクターたちによるさまざまなビジョンが反映される予定。



Force of Will the Movieは約15分の短編アニメーション6作品によるオムニバス形式のアニメーション映画。それぞれの作品は異なるディレクター(監督)によりディレクションされます。Force of Will the Movieに参加するディレクター6人は以下の通り。

日清カップヌードルのCMとして放送された「FREEDOM」や、アニメ「東京喰種トーキョーグール」で監督を務めた森田修平さんが監督を務めるアニメでは、キャラクターデザインを田中達之さんが担当し、YAMATOWORKSが制作を担当します。



「ガッチャマンクラウズ 」や「神撃のバハムート GENESIS」などでCG監督を務めた須貝真也さんが監督を務めるアニメでは、ゾンビをテーマとした作品が作られます。キャラクターデザインを島村秀一さん、メカニカルデザインを柳瀬敬之さん、制作はサブリメイションが担当。



「牙狼〈GARO〉-炎の刻印-」や「劇場版 GARO DIVINE FLAME」で監督を務め、「ユーリ!!! on ICE」のエンディングアニメーションの絵コンテ・演出・原画も担当した林祐一郎さんが監督を務めるアニメでは、ワールドデザインは天神英貴さん、CG監督はカネモトマコトさん、制作は台湾の大手CG制作会社であるTWR Entertainmentが担当します。制作するアニメは西遊記をテーマにしたもので、ガンアクションありCQBありのハイスピードスーパーアクションになるとのこと。



タイのアニメーション制作会社であるRiFF STUDIOが制作を担当する作品もあります。



絵本アプリの作成を行ってきた「GranSky Studios」もオムニバス形式の作品の中のひとつを制作する予定で、監督・キャラクターデザインを鈴木麻紀子さんが担当します。



そしてディレクターを務める6人のうちの最後のひとりが、森江康太さん。監督・脚本・CG制作を一人三役で挑み、ピノキオを題材にしたアニメを作ります。



そんなForce of Will the Movieの作品の中のひとつであり、森田修平さんが監督を務めるのが「L.S」。クトゥルフ神話をベースとした物語で、既にトレーラーおよび制作スタッフなどが公開されています。

Force of Will the Movie第一弾パイロットフィルム 【L.S】 - YouTube

紙の舞う中でひとりたたずむ少女……





何かを目にして頭を抱えます。



場面が変わって紙に何かをひたすら書き殴るシーン





書斎のような場所でひたすら何かを書き続けますが……



急に不気味な形の影が動き出します。



影の方をにらみつける少女。



制作はYAMATOWORKS



書斎の紙が舞います。





場面は変わって屋外のシーン。奥から……



電車が吹っ飛んできます。



しかし、後ずさりすることなく何かをにらみつける少女。





音楽はやまだ豊さんが担当。



書斎のシーンに戻り、影から得体の知れないバケモノのようなものが現れます。





再びシーンが変わり、何かから逃げるように走り回る少女。



ぶつかった相手は人ともバケモノともとれそうな謎の存在。



監督・演出は森田修平さんが担当、アートディレクションは田中達之が務めます。



ビッグ・ベンっぽい時計台の横に巨大なひとつ目が出現。



さらにタコのようなイカのような謎のバケモノも登場して……



時計台を破壊。



少女が何かを書き殴るシーンに戻りますが、文字の大半が黒く塗りつぶされています。



これらのバケモノは一体何なのか……?





紙をクシャクシャに丸めて……



何かを祈るように手をギュッと握りしめます。



場面は変わり、今度は塗りつぶすことなくスラスラ文字を書く少女。





辺りに紙が舞って……



大量の紙の中で倒れる少女。



発表されている「L.S」のスタッフは以下の通り。

監督・演出:森田修平

アートディレクション:田中達之

脚本:黒史郎

CGI監督:石川優希

アニメーション:坂本隆輔、吉野功一

モデリング:澤田覚史、佐々木達也、坂本隆輔、吉野功一

撮影:坂本隆輔、吉野功一、佐々木達也、島袋南美

美術:佐々木達也

アニメーション協力:青木康浩

3Dアシスタント:高浜真朱也、本多紗織、権瓶彰、新垣茉衣

楽曲制作:やまだ豊

制作:YAMATOWORKS

編集:柳編集

音響:スタジオ叶音

レコーディングプロデュース:株式会社カレント

クリエイティブプロデュース:アスラフィルム

タイトルロゴ:平賀智尋

タイのアニメーション制作会社であるRiFF STUDIOが制作を担当する「RAAM -THE BRIDGE TO LANKA-」のトレーラーも公開されています。

Force of Will the Movie第二弾トレーラー 【RAAM -THE BRIDGE TO LANKA - 】 - YouTube

「RAAM -THE BRIDGE TO LANKA-」は、ヒンドゥー教の二大叙事詩であるラーマーヤナをベースとした物語。



ですが、登場したのは宇宙服のようなパワースーツのようなものを着用した男性。



ダイナミックな動きからポージングをとると……



顔が発光して……



マスクに覆われました。



そのまま走り出し……





ダイナミックな動きとカメラアングルを披露しまくってくれます。





さらに、黒色の敵キャラクターと戦闘開始。激しいアクションシーンが繰り広げられており、そのクオリティの高さに驚かされます。











最後は2人がドアップになって……





「RAAM -THE BRIDGE TO LANKA-」のロゴ。ヒンドゥー教の二大叙事詩であるラーマーヤナをベースとした物語とのことですが、一体どんなストーリーになっているのでしょうか。



なお、「RAAM -THE BRIDGE TO LANKA-」の制作スタッフは以下の通り。映画「放課後ミッドナイターズ」でプロデューサーを務めたモンブラン・ピクチャーズの平田武志さんがプロデューサーとして参加しています。

制作会社:RiFF STUDIO

ディレクター:Veerapatra Jinanavin

脚本:Sornperes Subsermsri

キャラクターデザイン:Chakrit Nonkome

クリエイティブプロデューサー:熊本周平(BIGFOOT Inc.)

プロデューサー:PanidaDheva-aksorn(Byte in a cup Co., Ltd.)、平田武志(モンブランピクチャーズ株式会社)

さらに、森江康太さんが監督・脚本・CG制作を担当する「Pinocchio(ピノキオ)」のワンシーンが、Force of Will the Movieの公式Facebookページ上でチラ見せ公開されています。

謎の美少年が登場するムービーが2本公開されており、ピノキオを題材にしたストーリーとのことですが一体どのような作品になるのか……。

なお、Force of Will the Movieの公式Facebookページ上では制作過程などを紹介するムービーやイラストが公開されています。

Force of Will The Movie