こんな彼女は絶対イヤ!男性が最も嫌う“ガラの悪い女性”4つの特徴

写真拡大

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

見た目もかわいく、自慢の彼女……しかし付き合っていくうちにだんだんと見えてくる“柄が悪い部分” 。
“もしかしたら元ヤンかも……”、“どんな親なんだろう?”と不安を煽ってしまうのが素行というもの。

またどんなに顔がかわいくても、態度が悪いと友人にすら紹介できません。
最悪の場合、居心地の悪さ に別れに至ってしまうことも……。

ということで男性が女性の“柄が悪い”と思う言動をリサーチしてみました。

●(1)酒とタバコ

『メイクもほぼすっぴん、髪は黒髪ストレートのワンピ。清楚感抜群の好きだった女の子。しかし初デートの時、タバコをずーっと吸っていて、もう相手が何を話そうがタバコが気になって全く頭に入ってこなかった』(20代男性/学生)

女性であれば“酒はたしなむ程度、タバコは吸わない” が男性の理想。

特にタバコに至っては、若い男性は吸っている人も少なくなってきましたし、ましてや女性が吸うなんて……と、そもそも男性は“女性はタバコを吸わないもの”を前提としてお付き合いを始めています。

特に清楚そうな外見の女性がタバコを吸う、となると男性のショックははかりしれません。
たかがタバコ、と思っている女性は多いですが、男性の女性は“清楚であって欲しい願望” って想像以上に強いのです。

タバコ一つで“別れたい”と思わせてしまうには十分。
また酒で毎回泥酔して失態を犯してしまう ような女性は論外ですね。

●(2)掃除ができない

『いつもメイクもバッチリで、ファッションも気を遣っている彼女。初めて部屋に突然お邪魔した時の部屋の汚さに愕然とした。「ちょっと汚れているけど、ごめんね」って笑っていたけど、ちょっとじゃない……。実家の犬小屋の匂いがした』(20代男性/保険会社勤務)

女のクセに、部屋が汚いのは嫌なのが男性。
男女差別だ、と思われるかもしれませんが“女性の部屋は俺より綺麗であるものだ” という思いこみが男性にはあるのです。

言ってしまえば“自分の部屋は汚くてもいいが、女の部屋は綺麗じゃなきゃダメ”という思考をどこかでに持っているということ。
初めて彼女の一人暮らしの部屋にお呼ばれ……しかしその部屋は排水溝はドロドロ、服で足の踏み場もなかったら?それはもう男性にとっては阿鼻叫喚の地獄絵図。

男性の女性へのイメージを壊さないためにも、部屋はある程度は綺麗に保っておく のは大切。
また“もしこの彼女と結婚したらどうなるんだろう”と将来にさえ不安を抱かせてしまいます。

●(3)言葉遣いが悪い

『俺の彼女は喧嘩した時に言葉遣いがガラッと変わる。いつもはすごく大人しい印象なのに……。「テメーざけんじゃないよっ!」て部屋中の物を投げ出したり。最初は二重人格を疑っていたけど、どうもそっちが素のような気がしてきた』(30代男性/会社員)

言葉遣いは重要。
特別丁寧に話す必要は全くありませんが、まさか女性がこんな言葉を使うなんて……と思われるような「ウザい」「〜じゃねえんだよ」 とか、喧嘩した時の言葉に“素の自分”って出やすいので要注意。

言霊と言われているように、言葉にも魂が宿る……かどうかはわかりませんが、ただ言葉には人柄が確実に宿っている のです。

やはり優しい物腰の言い方をする人は“優しい人”であり、荒い物言いをする人は“気性が激しい人”というが現実であります。

ずっと一緒にいたいと思うのはやはり優しい人でしょう。

●(4)生活のリズムがぐちゃぐちゃ

『連絡を確実にとれる時間帯がナイに等しい。この時間だったら、って言うのがなく、だいたいLINEの返信時間もぐちゃぐちゃ。いつ寝ているのか起きているのかもわからない女性はなんだか不気味』(30代男性/メーカー勤務)

今は相手の生活のリズムもSNSが発達したため、なんとなくやり取りしているとわかってくることもあります。
丑三つ時にLINEが入ってきたり、朝のLINEには既読すらつかなかったり。

まだお互いをよく知らない場合は“一体どんな仕事をしているんだ?”と疑心暗鬼を生じてしまうことも。

そして今日は早朝に連絡がきたと思ったら、次の日は夜中と生活のリズムが予測できない、と生活管理が出来てなさそうな女性 は人間としての不気味さすら感じてしまうことも……。

----------

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)