バストの形を整える!「正しいブラの付け方」を解説

写真拡大

バストって大きくっても小さくっても形が気になりますよね? どんな形が理想的? やっぱりお椀型なバストって魅力的!

でも実際は加齢とともにデコルテはそげてきたり、乳間が離れて行ったり、下垂したり思い通りの形でない方の方が多いのが事実!

毎日バストを入れる器になるのがブラジャー

バストは1割が乳腺で9割が脂肪と言われてますが、脂肪は柔らかく、動きやすい。大人だったら朝起きて夜お風呂に入るまで大半の方がブラジャーをつけていますよね。

脂肪の多い女性は男性に比べて引力の影響も受けやすく、下に下に引っ張られてしまい、それを支える役目を担っているのがブラジャーです。

ブラジャーは形が大切!

いまパッド入りのブラジャーが大変多いですが、女性の脂肪ってとっても柔らかく、しめつけておけばその型が付きますよね。それと同じでパッドが入っているとそこに丸みがなくなってしまいます。バストの下側や、外側にパッドが入っていることが多いので、その部分が削げてしまってるようになってる人が多いものです。

またサイズも年々ボディラインに自信がなくなるからヌードではもちろんブラの上からすら計らずに買っている方が多いので、体重変化があっても以前のサイズの下着をつけているとそれが柔らかい脂肪に食い込んだりはみ出したり、押さえつけたりされています。

その結果サイズの間違えたブラで胸囲は同じでも背中にお肉が回ったり、二の腕が太くなってしまったりすることがあるのですね。

ブラを選ぶときは自分の理想の形に近いものを!

たかがブラジャーですが、ほぼ毎日12時間以上身につけているものだからこそ、今日明日の変化はなくとも、3年5年10年後の自分のボディラインに大きな影響を与えますよ!

またアンダーも小さめを選びがちですが、アンダーが小さいとワイヤーの円周も小さくなり肋骨の幅よりも控えめなワイヤーだと柔らかいバストをブラの中に収めきれず、腕を動かすたびにお胸が逃げ出してしまうので脇に副乳ができやすくなってしまいます。

体重変化がなくてもなんだか腕が太く見えたりとかしてる場合は小さめブラでバストを二の腕やお背中に作ってしまってるかもしれないのでサイズは要チェックですよ!

ご自身の望む理想の形のブラジャーでしっかり正しいサイズを選んでみてくださいね!

背中側に段差ができているブラジャーではアンダーは小さいです。アンダーのサイズはパートナーにもばれませんがブラ紐の上に乗っかっている贅肉は見ればわかってしまいます!

スッキリした背中を演出するためにも今一度正しいサイズを採寸してもらいましょう〜。

【参考】

※ 下着アドバイス - ワコール

【画像】

※ vladibulgakov / shutterstock

【筆者略歴】

百野薫