シンプルなゲームだからこそ燃える!

1970年代にアタリから登場した、世界で初めてヒットした卓球ゲーム「PONG」。今で言うところのエアホッケーようなインターフェイスは、世界にテレビゲーム旋風を巻き起こしました。この「PONG」をリアルなコーヒーテーブルにするプロジェクト『Table Pong Project coffee table』が、海外でスタートしているのです!

このコーヒーテーブルでは、実物大のテーブルに「PONG」のゲームを再現。手元のローラーをぐるぐる回し、カーソルを動かして相手と熱いゲームを楽しむことができます。またテーブルは時計表示やスマートフォンを充電したり、Bluetooth経由での音楽再生をしたりすることも可能。お部屋の雰囲気を盛り上げてくれます。

なんと内部は磁石とモーター駆動!





見た目的にも液晶ディスプレイが搭載されているのかな……と思いきや、なんと本コーヒーテーブルはマグネットとモーターで稼働! 物理的にカーソルとボールが動くんです。そのなめらかな動きには、思わず見入ってしまいます。

質感重視の筐体に多機能を実現







物理的な「PONG」のゲーム機能だけでなく、ネオンやフラッシュでピカピカ光る機能付き。さらにコントローラー部分にはカバーを掛けて、普通の広々としたコーヒーテーブルとしても利用可能。商談で使いながら「実はこれ、遊べるんですよ!」と切り出せば、ゲーム好きな顧客もおおっと身を乗り出してくれる……かもしれません。

アーケードらしいデザインから、普通のコーヒーテーブル風まで





『Table Pong Project coffee table』の本体色はクラシック、ジョー、チャーリー、ウォルターの4色が登場。現在クラウドファンディングサイトのKickstarterにて1100ドル(約12万円)で予約可能なほか、なんと5000ドル(約56万円)のプランではアタリ創業者のノーラン・ブッシュネル氏のサインが! これはアタリファンなら絶対欲しくなるパッケージでしょう。なお、製品は2017年12月に出荷予定となっています。

「PONG」を気合で物理的なコーヒーテーブルにしてしまう本プロジェクト。レトロゲーム好きにはたまらない逸品となりそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



Kickstarter(『Table Pong Project coffee table』プロジェクトページ)

関連記事



お、良デザイン。IoT時代のレコード盤上型プレイヤー『LOVE』

スピーカー不要時代へ!? 天板から音楽を鳴らせるテーブル

【レビュー】 簡単に360度モノ撮影!自動で回転&シャッターを切れるターンテーブル『Foldio360』