嵐のメンバー5人それぞれが9〜10の都道府県を担当し、47パターンのCMとポスターを制作

写真拡大

キリンビール「“地元の誇りをおいしさに変えて”47都道府県の一番搾り」新CM発表会が行われ、昨年に引き続きCMキャラクターを務める嵐を代表し、大野智と二宮和也が出席した。

【写真を見る】「京都に乾杯」を飲んだ大野智の「あ〜はんなり(笑)」に、二宮和也がツッコむ!

全国47都道府県ごとに味の違いや個性を楽しめる「47都道府県の一番搾り」は、“地元の誇りをおいしさに変えて”をスローガンに、47都道府県それぞれの地元の気質や文化、味覚に合わせて造られた特別な「一番搾り」。

今年も「47都道府県の一番搾り」が発売になったことについて、「初めて47種類の『一番搾り』を造りますと聞いたときは、正直本当にびっくりしました。今年もやれるということで、精一杯頑張りたいと思いました!」(大野)、「いや〜、僕もびっくりしましたよ! でも、それぞれの地方ごとに違う味わいにするって本当にすごいなと思いました。『地元の誇りをおいしさに変えて』というキャッチコピーもありますけど、地元からしたらうれしいですよね。出張や旅行のついでに楽しめるのもいいですよね」(二宮)とコメント。

またトークセッション中、「47都道府県の一番搾り」の新しいパッケージがお披露目される場面も! 一番気になる味を聞かれた大野が「京都の『はんなり』ですね」と二宮がCMで飲んでいた「京都に乾杯」を挙げると、二宮は「僕は逆に大野さんが飲んでいた鹿児島の『豪快』ですね」と即答した。

早速、「京都に乾杯」を飲んだ大野は、「あ〜はんなり(笑)。上品さがありますね。非常においしいです!」と満面の笑顔に。すると二宮は、「大野さんに伝わるってことは、ほぼ全国の皆さんに伝わりますから!」とツッコんでいた。

一方の二宮は「鹿児島に乾杯」を飲み、「おぉ〜豪快! 鹿児島の人に合うようなビールなのかもしれませんね」と絶賛。大野も「全部の味に挑戦してみたくなるよね〜」と明かした。

新CM「全国47都道府県の誇りをおいしさに変えて」篇は、4月4日(火)より全国でオンエアされる。