タイ代表、2017新ユニフォームは驚きの「黒」!イメチェンの理由とは?

写真拡大 (全5枚)

タイ代表は2018年ロシアワールドカップの最終予選に進出し、ここまで1分5敗という成績。最下位に沈んでこそいるものの昨年11月にオーストラリアと引き分けるなど大差の試合は少なく、東南アジア勢の意地を見せている。

そんな彼らは、今年2月に新ユニフォームを発表。このデザインがかなり“意外”だったことをご存知だろうか。

Thailand 2017 Warrix Home

こちらがタイの新ユニフォーム。まず何と言っても目を引くのは、メインカラーが黒であること!

タイ代表と言えば、赤や青、あるいは黄色がユニフォームの定番カラーであり、この変わりようは驚きである。

背景には、昨年10月13日、タイのプミポン国王が亡くなったことがある。国民から深く敬愛されていた国王の死去を受け、タイ政府は1年間、国全体で喪に服すことを発表。しばらくは国民の多くが黒の服を身にまとっており、同様にサッカー代表チームも黒を基調したユニフォームを採用したというわけだ。

なお、サプライヤーもGrand Sportから国内の新鋭メーカーであるWarrixへと代わっている。

Thailand 2017 Warrix Away

これまで青が多かったアウェイも、白を基調したデザインへ。日本戦ではこちらを着用するとみられる。

ホーム同様シンプルな仕上がりだが、よく見ると袖、さらに身頃にはシャドーで伝統的な模様が配されている。

PVもいい感じの出来栄え。“思い”を背負って乗り込んできたタイ代表を相手に、日本代表はしっかり応えた上で勝ち点3を狙いたい。