原点の地で新たなモードを見せたandorop(撮影=西槇太一)

 ロックバンドのandropが25日、自身のレーベル「image world」の設立1周年を記念したワンマンライブを下北沢GARAGEで開催した。このライブはホームページのオフィシャル会員向けのもので、andropのメンバーがバンド結成前から出演し、バンド結成のきっかけになった、下北沢GARAGEが舞台。活動初期の楽曲の披露や、MCでの思い出話など、原点を感じさせつつも"2017年のandrop"を描き出すパフォーマンスを見る夜となった。

 内澤崇仁(Vo、Gt)の「当時作った曲、思い出深い曲をたくさんやっていこうと思っています」という言葉通り、この日のライブでは『anew』(2009年)、『note』(2010年)の収録曲が数多く演奏された。「Basho」「Nam(a)e」などの初期の楽曲が始まるたびに、フロアから歓声が上がり、心地よい一体感が生まれる。バンドの原点とも言える楽曲を、演奏力と表現力を増した“2017年のandrop”が描き出すことも今回のライブの大きな意義だったと思う。

原点の地で新たなモードを見せたandorop(撮影=西槇太一)

 さらに、後半では5月10日にリリースされるニューシングル「Prism」も披露された。悲しみ、暗闇を照らすような光をテーマにしたこの曲は、andropの新たなスタートを象徴するナンバー。観客の感極まった表情からは、この曲がandropの新しい代表曲として浸透しつつあることが伝わってきた。

 内澤の「曲を歌ったり、この光景をみるたびにジーンと来るものがありますね。音楽を続けていて良かったなと思います」というMCも印象的。過去、現在、未来が有機的につながるライブだった。

 5月15日から全国21カ所のライブハウスツアー『androp one-man live tour 2017 "angstrom 0.8 pm"』がスタート。「いままで行ってなかった場所にも行く」と内澤は語ったが、このツアーによって彼らは、andropの現在地をしっかりと示すことになるだろう。(文=森朋之)

作品情報

「Prism」androp
5月10日発売
初回限定盤(CD+DVD) 2300円(税抜)
通常盤(CD)1200円(税抜)

CD
01.Prism
02.Ryusei
03.BGM(single ver.)
DVD ※初回限定盤のみ
・「Prism」Music Video
・「Prism」Making Video
・ live tour 2016 "best blueprint" (2016.10.16 Zepp DiverCity)
「Kaonashi」「Irony」「Digi Piece」「Sunny day」「Kienai」「Lost」

ツアー情報

『one-man live tour 2017 "angstrom 0.8 pm"』
5月15日 千葉LOOK
5月16日 群馬 高崎 club FLEEZ
5月18日 神奈川 横浜 bay Hall
5月20日 滋賀 U STONE
5月21日 京都 礫礫
5月23日 兵庫 神戸 VARIT.
5月25日 香川 高松 DIME
5月27日 愛媛 松山 WStudioRED
5月28日 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
5月30日 静岡 浜松 窓枠
6月3日 新潟 LOTS
6月4日 福島 郡山 HIPSHOT JAPAN
6月9日 熊本 B.9 V1
6月11日 長崎 DRUM Be-7
6月15日 北海道 札幌 PENNY LANE 24
6月16日 北海道 函館 CLUB Cocoa
6月22日 宮城 Sendai Rensa
6月25日 愛知 Nagoya DIAMOND HALL
6月27日 大阪 umeda AKASO
7月4日 東京 Ebisu LIQUIDROOM
7月7日 福岡 DRUM LOGOS