『シン・ゴジラ』は強いっ!
 - (C) 2016 TOHO CO., LTD.

写真拡大

 3月27日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは『シン・ゴジラ』が初登場で首位を獲得した。

 本作は日本で約12年ぶりに復活したゴジラ映画。庵野秀明が脚本と総監督、庵野総監督の長年の盟友である樋口真嗣が監督と特技監督を務めている。東京湾アクアトンネルで原因不明の崩落事故が起き、大量の浸水に見舞われる。首相官邸では緊急閣僚会議が開かれ「原因は地震や海底火山」という意見が大半を占める。そんな中、内閣官房副長官の矢口蘭堂(長谷川博己)だけが海中に棲む巨大生物の可能性を指摘する。

 2位に初登場の『バイオハザード:ザ・ファイナル』は、日本発の人気ゲームをハリウッドで実写映画化したシリーズの第6作にして最終章。最後にふさわしく、シリーズの人気キャラクター、クレア(アリ・ラーター)、アンブレラ社による「アリス計画」の中心人物アイザックス博士(イアン・グレン)、アンブレラ社の元幹部アルバート(ショーン・ロバーツ)が再登場。日本からもローラが参加し、女戦士コバルトを演じている。アイザックスが生き残った人類を全滅させようと動く中、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は人工知能レッドクイーンに導かれ、最後の戦いにその身を投じていく。

 『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』も初登場で6位にランクイン。ケイト・ベッキンセイルがヴァンパイア族の女戦士セリーンにふんしたアクションシリーズの5作目だ。狼男のライカン族に押され、劣勢に立たされるヴァンパイア族は、かつて追放したセリーンを呼び戻す。

 また、スリラー映画『ドント・ブリーズ』も初登場で8位に入った。大金を隠し持つと噂される盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが、屈強な老人から反撃に遭う恐怖を描いている。暗い屋敷内で老人は、3人のちょっとした息遣いや物音から居場所を探り当て、追い詰める。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『シン・ゴジラ』(初登場)
2位『バイオハザード:ザ・ファイナル』(初登場)
3位『ミュージアム』(2位)
4位『ジェイソン・ボーン』(1位)
5位『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(3位)
6位『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ 』(初登場)
7位『インフェルノ』(4位)
8位『ドント・ブリーズ』(初登場)
9位『ペット』(7位)
10位『闇金ウシジマくん Part3』(5位)

 今週は29日に福山雅治主演の『SCOOP!』、4月1日に松山ケンイチ主演の『聖の青春』がレンタル開始となる。『シン・ゴジラ』が2週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)