ハン・ボルム、SBSドラマ「ちょっと味見しませんか?」にキャスティング…イ・テランと共演

写真拡大

ハン・ボルムがSBS新毎日ドラマ「ちょっと味見しませんか?」にキャスティングされ、ドラマに出演する。

ハン・ボルムが出演することになったSBS新毎日ドラマ「ちょっと味見しませんか?」(脚本:キム・ドヒョン、演出:パク・ギョンリョル) は、現実的な人物たちが作って行く物語で、自分と自分の家族の話のような、ハツラツとした愉快な家族劇だ。SBSドラマ「恍惚な隣人」を演出したパク・ギョンリョル監督と、tvNドラマ「マイ・シークレットホテル」を手掛けたキム・ドヒョン作家がダックを組んだ作品だ。

ハン・ボルムは劇中、チョン・ジュンフの腹違いの妹チョン・ジュリ役を演じる。チョン・ジュリは親の愛情を独り占めして成長した末っ子の娘で、やりたいことやほしいものは全て手に入れてしまう、世間知しらずのキャラクターだ。抜群のルックスで男たちの視線を捉える一方、一目ぼれした男性の心を得るまで積極的にアプローチする堂々とした性格の人物でドラマを引っ張っていく予定だ。

またハン・ボルムはベテラン俳優イ・テラン、リュ・ジン、シム・ジホなどと呼吸を合わせて多彩な魅力をアピールすると予想され、放送前から期待が高まっている。

ドラマの関係者は「ハン・ボルムは安定的な演技力はもちろん、視線を捉える美貌と多彩な魅力を備えた女優だ。劇中チョン・ジュリが持っている堂々とした魅力を、個性ある演技で上手く表現してくれるだろう」と伝えた。

ハン・ボルムはKBS 2TVドラマ「ドリームハイ」を通じてデビューし、「主君の太陽」「モダン・ファーマー」「きっと☆うまくいくよ!」など多様な作品で印象深い演技を披露して存在を知らせた。また韓国だけではなく、中国映画「ヘミングウェイ」などで主人公として活躍、中華圏でも注目を受ける女優として成長した。着実にフィルモグラフィーを作っていくハン・ボルムが2016年のKBSドラマ「きっと☆うまくいくよ!」以降約1年ぶりに視聴者たちに会うだけに、ハン・ボルムの活躍にさらに期待が集められている。

ハン・ボルムを皮切りにイ・テラン、リュ・ジン、シム・ジホなど新鮮な組み合わせが関心を集めるSBS新毎日ドラマ「ちょっと味見しませんか?」は「恋はぽろぽろ」の後番組として、韓国で5月に初放送される予定だ。