トップは岡崎で酒井高を中盤起用へ! タイ戦のスタメン発表《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽本日28日の19時35分キックオフとなるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節、日本代表vsタイ代表のスターティングメンバーが発表された。

▽日本は、23日にアウェイで行われた第6節のUAE代表戦を2-0で勝利。現在、勝ち点13でグループ首位のサウジアラビア代表と同勝ち点の2位に位置している。勝ち点1でグループ最下位のタイを相手に予選3連勝を狙う今回は、UAE代表戦から先発2選手を変更。ケガで離脱したMF今野泰幸の代わりに先発するDF酒井高徳が中盤の底に入るとみられ、同じく離脱したFW大迫勇也に代わってFW岡崎慎司が前線に入る。

◆タイ代表戦スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK: 川島永嗣

DF:酒井宏樹、森重真人、吉田麻也、長友佑都

MF:酒井高徳、山口蛍

MF:香川真司

FW:久保裕也、岡崎慎司、原口元気

【サブ】

GK 西川周作、林彰洋

DF:植田直通、昌子源、槙野智章

MF:倉田秋、清武弘嗣、遠藤航

FW:本田圭佑、宇佐美貴史、浅野拓磨、小林悠