ホームにタイを迎え撃つ日本代表

写真拡大

 日本代表は28日、W杯アジア最終予選第7節でホームの埼玉スタジアムにタイ代表を迎え撃つ。午後7時35分のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、23日のUAE戦(2-0)からは先発2人を入れ替えた。

 負傷離脱したFW大迫勇也、MF今野泰幸に代わってFW岡崎慎司とDF酒井高徳が先発。酒井高はボランチの位置に入るとみられ、MF香川真司、MF山口蛍と中盤を形成する。攻撃陣は岡崎がセンターフォワードを務め、右にFW久保裕也、左に原口元気。4バックは右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF森重真人、DF長友佑都と並び、GK川島永嗣がゴールを守る。

 W杯アジア最終予選のB組は第6節終了時点で4勝1分1敗のサウジアラビアと日本が勝ち点13で並び、得失点差で日本は2位につけている。3位オーストラリアとは勝ち点3差、4位UAEとは同4差。日本がタイに勝ったうえで、オーストラリアがホームでUAEと引き分け以下に終われば、日本の6大会連続W杯出場に王手がかかる。オーストラリア対UAEの試合は日本時間午後6時にキックオフされている。

 最新のFIFAランキングでは日本の51位に対し、タイは127位。過去の対戦成績は日本の15勝4分2敗で、ホームでは5戦全勝となっている。直近の対戦は昨年9月6日に敵地で行われたW杯アジア最終予選で、日本が2-0で勝った。

<出場メンバー>

[日本代表]

先発

GK 1 川島永嗣

DF 5 長友佑都

DF 6 森重真人

DF 19 酒井宏樹

DF 21 酒井高徳

DF 22 吉田麻也(Cap)

MF 10 香川真司

MF 16 山口蛍

FW 8 原口元気

FW 9 岡崎慎司

FW 14 久保裕也

控え

GK 12 西川周作

GK 23 林彰洋

DF 2 植田直通

DF 3 昌子源

DF 20 槙野智章

MF 7 倉田秋

MF 13 清武弘嗣

MF 17 遠藤航

FW 4 本田圭佑

FW 11 宇佐美貴史

FW 15 小林悠

FW 18 浅野拓磨

監督

バヒド・ハリルホジッチ


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧