5人組K-POPグループ100%のホワイトデー・ライブ【100% PREMIUM LIVE “WHITE LOVE”】をレポート

写真拡大

 2017年1月25日に日本デビューを果たしたK-POPグループ、100%が2017年3月14日にビルボードライブ東京でライブを開催した。

100% クールな画像

 全身ブラックの衣装で登場したミヌ、ロクヒョン、ジョンファン、チャンヨン、ヒョクジンの5人は「You & I」でショーをスタート。甘い歌声とダンスに会場に集まったファン約300人が大歓声を送る。「こんにちは、100%です」とメンバー全員、元気に挨拶すると、先程以上の割れんばかりの歓声が会場中に響き渡る。本公演のタイトル【100% PREMIUM LIVE “WHITE LOVE”】についてリーダーのミヌは、「みんなとゆっくりデートしたいと思ってこのタイトルにしました」と説明。そんなロマンチックな計らいと、憧れのメンバーを前に、ファンは一瞬たりともステージから目が離せない様子だ。

 5人のおちゃめなトークから一転、続く「Better Day」や「snow」では息の合ったダンスパフォーマンスとクールな表情で観客のハートを鷲掴み。メインボーカルのロクヒョンは「お客さんとの距離が近すぎて、恥ずかしくて笑いそうになってしまいました(笑)!」とトークで明かしていたが、そんなことを考えながらパフォーマンスをしていたなんて、全く気付かなかった。ギャップにやられてしまうのも納得だ。

 続く日本デビューシングル「How to cry」では“cry”や“LaLaLa”など掛け声が客席から聞こえ、その完璧さに度肝を抜かれた。その後、「いっぱい練習した」(ロクヒョン)という「Eternal」、「U Beauty」のアコースティック・バージョンに続き、2月22日に韓国でリリースされたミニ・アルバム『SKETCHBOOK』から「Sketch U」、「Meet Yesterday」、「One Day」も披露され、本編は終了。

 アンコールを望むファンの期待に応えるように、100%が再びオンステージ。客席を歩きながら登場するメンバーや、演奏中に客席を自由に歩き回るメンバーの姿にファンも大興奮。ファンと気軽にハイタッチするなど、ファンサービスも120点だ。トーク、歌、ダンスで約2時間みっちりとファンを魅了した100%は、ラストに「Only U」をチョイス。ステージ去り際には、メンバー全員、会場の端から端まで手を振り、満面の笑みを浮かべていた。韓国だけでなく、ここ日本でも本格的な活動をスタートさせた彼らの今後の活躍に期待したい。

<スペシャルインタビューはこちら>

◎【100% PREMIUM LIVE “WHITE LOVE”】公演情報
2017年3月14日(火)ビルボードライブ東京
昼公演:開場14:00/開演15:00
夜公演:開場18:00/開演19:00
2017年3月17日(金)ビルボードライブ大阪
昼公演:開場14:00/開演15:00
夜公演:開場18:00/開演19:00
※全公演終了