乾燥しやすい目元ケアにも…エステ直伝!コットンパック5枚を使った化粧水の付け方

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 みなさんは普段、どうやって化粧水を付けていますか? 手、それともパックでしょうか?

 エステサロンの先生に話をお聞きすると、パックを薦めることがとても多いです。自然療法セラピーとエステのサロン Le Cadeauの土生美保先生に取材させていただいたときも、そうでした。

 化粧水の役割は、お肌に水分を与えることです。

 パックは、たっぷりの水分を与えて、しっかりと保湿することができます。

 シートマスクを使うのも良いですが、顔の中で皮膚が薄く乾燥しやすい目元は、穴が空いていることが多いです。本来は、目元こそきちんと保湿したい場所です。

 土生先生に教えていただいたのは、コットンでパックする方法です。

 化粧水をなじませたコットンを5枚に裂いて、下のように顔に乗せていきます。

[1枚目] 目元から口元のあたり(鼻と口の穴を開ける)

[2枚目] 目元からおでこ(両目の場所に穴を開ける)

[3枚目] 右頬

[4枚目] 左頬

[5枚目] 顎から首

 このときのポイントは、目元にはコットンが重なるようにして付けることです。

 そうすることで、目元を重点的に保湿することができます。

 試しいただきたいコットンパックの方法でした。

『キレイの先生』の土生先生の記事はこちらから http://kireinosensei.com/1100141/