上海のある企業で働く王さんは取材に対し、先ごろ会社から全社員に対し、週末を含めた1週間にわたり、毎日午前6時から深夜0時までゲームをすること、という通達が出されたと明かした。

写真拡大

上海のある企業で働く王さんは取材に対し、先ごろ会社から全社員に対し、週末を含めた1週間にわたり、毎日午前6時から深夜0時までゲームをすること、という通達が出されたと明かした。またこの通達には、「クリッカー系ゲームに取り組んでいる間は、毎日午前6時から深夜0時までを出勤時間とし、休暇・遅刻・早退は許されない。この要求に従えない者は、辞職の手続きを行うこと」と明記されていたという。そこで、この会社に連絡を取って確認したところ、担当者がその事実を認めた。中華網が伝えた。

王さんが見せてくれた会社が出した通達書の写真には、「明日(3月20日)から土日を含む3月26日まで、全社員は1週間業務を停止し、全員が阿里釘釘操業開始記念月クリッカー(モグラたたき)ゲームに参加すること。ゲームで獲得した商品は全て、会社に帰属するものとする。業務を停止する期間の出勤時間は、午前6時から深夜0時に変更、休暇・遅刻・早退は許されない。この指示に従えない社員は、すぐに辞職手続きを行うこと」とあった。

また、この通達には「市場の低迷により、会社の経営利益を向上させるため、会社の経営陣と財務部が検討してこの決定を行った」としている。

同社の経営陣である張氏は「通達の件は事実だ。弊社は3月19日、この通達を行った。経営陣と財務部は検討と試算の結果、釘釘のゲームで獲得した商品の価値が弊社の貿易業務の販売額より高いことを突き止めた。このことから、全社員が1週間業務をストップして、ゲームに取り組む決定を下した」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)