今や、男子フィギュアスケート界のシンボルとなった羽生結弦が、世界フィギュアスケート選手権で3年ぶりの優勝を狙う。

 ケガをおして強行出場した前回大会は2位に入ったものの、その代償は大きかった。しばらくリンクから離れて体を癒すことになった羽生は、そこで滑ることの意味を見つめ直すことになる。フジテレビ・三田友梨佳アナウンサーが現場で目の当たりにした、原点に帰った羽生の「新たな強さ」を語ってくれた。

***

 平昌五輪のプレシーズンもいよいよ大詰めです。3月29日に開幕する世界フィギュアスケート選手権で3年ぶりの優勝を目指す羽生結弦選手は、2月の四大陸フィギュアスケート選手権では2位に終わったものの、平昌五輪で使用される「江陵アイスアリーナ」での演技で得たものがあったようです。


世界選手権で2014年ぶりの優勝を狙う羽生 photo by Noto Sunao そのひとつが「音」です。羽生選手は、音に対してすごくこだわり持っている選手で、演技前のバックステージでも、集中力を高めるために音楽を聴いている姿をよく目にします。ソチ五輪で金メダルを獲得した後に「今、一番何がほしいですか」と質問した際には、真っ先に「イヤフォン!」という答えが返ってきたほど。

 プログラムの使用曲に関しても、音の伸びや編曲について、自ら細かくリクエストを出すそうです。特に今シーズン、「観客との一体感を大切にしている」という羽生選手は、その重要な要素となる曲がどのように反響するかをとても気にしていました。

 四大陸選手権の演技後に話を聞くと、「ショートプログラム(SP)では、低音が少し低めでライブ感が出やすいですし、フリーに関してはピアノの音がひとつひとつはっきり聞こえた」と、とても細かいところまで分析していました。

 羽生選手は江陵のリンクとの相性がいいようで、「すごく音が響きやすいスケートリンクでした」と満足そうに語っていました。色合いも青を基調としていて、金メダルを獲得したソチ五輪の「アイスバーグ・スケート・パレス」に似ているという点を含め、会場には好印象を持ったようです。

 演技に関してはミスもありましたが、そこからリカバリーする羽生選手の底力を見ることができました。フリーの序盤で4回転サルコウを失敗した後のすさまじい巻き返しは「さすが」の一言でした。

 フリー当日の朝、羽生選手は4回転サルコウを重点的に練習していました。その時は見ているこちらが心配になるくらいミスが多かったのですが、演技直前の6分間練習の時はしっかりと切り替えができていました。

 これは郄橋大輔さんに聞いた話ですが、6分間練習には「独特の雰囲気がある」そうです。「周りが見える時と見えない時があって、調子がいい時は、自分のことだけ考えていても自然と周りが見えるから、自分のペースで(6分間)練習ができるんです」と現役時代を振り返ってくれました。

 調子が悪いと、他の選手とぶつかりそうになったり、跳ぼうとした瞬間に周りが気になってやめたりすることが多いそうですが、集中力が高まると「すべてがうまくいく感覚になる」といいます。

 それが、スポーツ選手が「ゾーン」に入るということなのだと思います。羽生選手もまた、四大陸フィギュアの直前練習でその状態に近づき、後半の見事なリカバリーにつながったのではないでしょうか。

 予定していたトリプルアクセルを4回転トーループからの連続ジャンプにし、最後の3回転ジャンプもトリプルアクセルに変える対応も素晴らしかったですが、真骨頂はジャンプの前後にあったように思います。連続ジャンプの直後にイーグルを入れ、レイバックイナバウアーの後にそのままトリプルアクセルを跳ぶなど、しっかりGOE(出来ばえ点)加点がもらえるような演技になっていました。
 
 また、今シーズン、羽生選手は精神面がさらに強くなった印象があります。それは、ゆっくりとスケートと向き合う時間があったからかもしれません。羽生選手は昨シーズンの世界選手権の後、左足靭帯損傷の治療とリハビリに2カ月をかけています。もちろん、過去にもケガなどで休養することはありましたが、「これだけリンクに入らないことは初めて」でした。



photo by Murakami Shogo 昨シーズンの神がかり的な演技や記録に「とらわれていた時期もあった」そうですが、リンクを離れていた2カ月は「どういう気持ちで滑るかをじっくり考えることができました」と語っていました。また、ソチ五輪で金メダルを獲得してからメディアへの露出が増えていき、ときには、「スケートを仕事のようにとらえて取り組んでいるのではないか」と考えることもあったといいます。

 しかし、スケートができない期間があったことで、スケートが好きな気持ちを再確認し、「早く滑りたい」という想いが湧きあがってきたといいます。競技を始めた頃の「初心」を思い出したことは、羽生選手にとって大きなプラスになっているはずです。

 ソチ五輪から3年、フィギュアスケート界では四大陸選手権で優勝した17歳のネイサン・チェン選手(アメリカ)ら、10代の若い世代が急激に成長してきています。それでも、羽生選手自身が「追いかけるのが好き」といつも言っているように、「勝って当たり前」ではなくなった今の状況は、刺激的な状況でもあるはず。

 昨シーズン、世界最高得点の記録を立て続けに更新した時も、スケートカナダのSPで一度ガクっと落ちたことが大きなバネになったように思います。今は、チェン選手というライバルが現れて、さらに闘志を燃やしているはず。世界選手権ではタイトル奪還に期待しています!

■世界フィギュアスケート選手権2017 
男子SP   3月30日(木) 夜9時〜夜11時47分
男子フリー  4月1日(土)夕方5時30分〜夜9時15分

フジテレビ系列で生放送
詳しくはこちらをご覧ください

【プロフィール】
三田友梨佳(みた・ゆりか)
オフィシャルブログ>>
東京都出身。フジテレビアナウンサー。2011年入社。『直撃LIVEグッディ!』(毎週月〜金曜13時55分〜)ほか、バラエティーやスポーツ各種中継などを担当する。

フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 平昌への道 ~Road to Pyeong Chang』


詳しくはこちらへ>>

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>