イ・ボヨン、夫チソンとのバトンタッチに成功…主演ドラマ「耳打ち」初回放送から熱い反応

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チソンとイ・ボヨンのバトンタッチが完璧に行われた。

昨日(27日)、SBSドラマ「耳打ち」(脚本:パク・ギョンス、演出:イ・ミョンウ) の第1話が韓国で放送された。「被告人」の後番組として、イ・ボヨンがチソンとバトンタッチして注目を浴びた。結果は期待以上だった。

「耳打ち」は法律事務所テベクを背景に敵から仲間へ、そして結局恋人関係に発展する二人の男女が、人生と命をかけた愛を通じて法匪(法を絶対視し他人に損害を加える法律家) を痛快に戒めるストーリーを描く作品だ。

イ・ボヨンは刑事のシン・ヨンジュ役に扮した。シン・ヨンジュは父シン・チャンホ(カン・シンイル) の濡れ衣を晴らすために、怒りの中で孤軍奮闘した。シン・ヨンジュは巨大権力であるテベクを相手に、寂しい戦いを展開した。

劇の序盤の雰囲気は「被告人」を連想させた。「被告人」は、娘のための父の真実探しだったが、「耳打ち」は父のための娘の孤軍奮闘記だった。特に現実を反映した憂鬱なストーリーが視聴者に疲労感を感じさせた。

しかし、「耳打ち」は「被告人」と確実に違っていた。“痴情メロドラマ”というメインキーがあった。イ・ドンジュン(イ・サンユン) はシン・チャンホの事件を担当する判事だった。シン・ヨンジュは、イ・ドンジュンに別途に証拠を提出し、彼が濡れ衣を晴らしてくれると信じた。

その間、イ・ドンジュンは判事再任用試験で脱落した。母を助けるために医療保険公団に行って質疑を受けたことが、キム・ヨンラン法を違反したと指摘を受けた。テベクの代表であるチェ・イルファン(キム・ガプス) は、それを利用した。イ・ドンジュンに「シン・チャンホ事件の一審で有罪と判決すれば、判事を続けることができる」とも言った。

結局、イ・ドンジュンは有罪と判決した。シン・ヨンジュは、婚約者のパク・ヒョンス(イ・ヒョンジン) からも裏切られた。警察も辞めさせられた。すべてを失ったシン・ヨンジュは、イ・ドンジュンがテベクの代表の婿になるという記事を見て、復讐を計画した。

イ・ドンジュンを、酔った女性を強姦した破廉恥漢にするとの計画だった。シン・ヨンジュはこのすべての過程をカメラで撮影した。後から気を取り戻したイ・ドンジュンに、シン・ヨンジュは「善処を求めに来た被告人の娘を犯したら、判事はどうなりますか」と質問した。イ・ドンジュンが何か話そうとすると、シン・ヨンジュは「黙れ」と叫んでカリスマ性を見せつけた。

すなわち、シン・ヨンジュは父の復讐のために自身の身体まで捧げたのだ。言葉通り衝撃的で、狂った復讐だった。予想を超えるセクシーな復讐をしたシン・ヨンジュが、今後の展開を期待させた。この過程でイ・ボヨンのカリスマ性が爆発したのはもちろん、「いとしのソヨン」以降5年ぶりに再会したイ・ボヨン、イ・サンユンのケミストリー(相手との相性) も輝いた。