27日、栃木県那須町で高校生ら48人が雪崩に巻き込まれ、8人が死亡した事故で、救助された生徒が取材に応じ、雪崩に襲われた状況などを詳しく語った。NHKニュースが報じた。

「突然、吹雪の『ビューッ』という音とは違う『ゴーッ』という音がしたと思ったら、視界が暗くなり、気付いたら目のあたりまで雪に埋まっていました」と説明した。

雪崩巻き込まれた生徒「目のあたりまで雪」状況語る(NHKニュース)