性的暴行の容疑で身柄を拘束され、白い布で顔を隠して出廷するユダヤ教超正統派の男(中央)。エルサレムの裁判所で(2017年3月27日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イスラエルの警察当局は27日、女性などへの性的暴行の容疑でユダヤ教の超正統派の男20人以上の身柄を拘束した。閉鎖的な超正統派の地域社会の中では、男らに疑いがかかっていることは知られていたが、当局に見つからないように隠蔽(いんぺい)工作をしており、警察によるおとり捜査が行われていた。

 警察によると身柄を拘束されたのは、エルサレム(Jerusalem)やパレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)の超正統派入植地ベイタル・イリット(Beitar Illit)などの居住区に住む20〜60歳までの男22人で、過去2年間にわたり地元の女性や若者、子どもに対して性的暴行を働いたとされる。容疑者らは警察で事情聴取を受けた後、訴追される可能性がある。

 エルサレムでは、容疑者たちの居住区の住民らが逮捕を妨害するために、警察官らに怒鳴りつけたり、投石したりする姿もみられ、警察車両2台の窓が割られたという。

 超正統派のそれぞれの地域社会の中ではラビ(ユダヤ教指導者)の指導の下、内部でこれらの犯罪とその容疑者を調査し、犯行が警察に知られないために容疑者がするべきことを定めていた。警察はこの超党派コミュニティ内部の調査プロセスをあばき、容疑者の身柄を拘束することで、今後の性的暴行事件の発生を防ぎ、これまでの被害者を助けることにもつながると説明している。

 ユダヤ教の超正統派はイスラエルの人口の約10%を占め、ユダヤ教の厳格な解釈の基に生活している。さらに原理主義的なグループは、世俗的な政府機関の権限を認めることを拒否し、警察や司法制度をできるだけ避け、宗教的な教義やラビの教えに従っている。

【翻訳編集】AFPBB News