地の利を生かして首位発進!この勢いで初勝利と行きたい(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 初日◇28日◇ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ(6,506ヤード・パー72)>
2017年のステップアップツアー開幕戦「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」は2日間競技の第1ラウンドを行い、ノーボギーの4アンダーで回った福山恵梨が2位に2打差をつけて首位に立った。
【関連写真】150枚を超える写真で未来のスターを探し出せ!初日フォトギャラリー
地元福岡県出身。ゴルフの名門・沖学園では福田真未らと同級生の24歳は“地の利”も十分に活かしての好スタートだ。所属の福岡雷山GCは開催コースと同じ糸島市にあり、今年に入ってから4回ほどすでに練習ラウンドを行っている。もちろんコースの特性は認識済みで「何度もきてコースの方とも知り合いになっているので、これくらいのスコアで回らないと怒られます」と笑顔を見せた。
このオフはトレーニングをメインに体を作り直した。週3回ほどのジムワークの効果は実戦モードでショット練習を重ねていくうちに実感。「飛距離は10ヤードくらい伸びていると思う。ミート率も良くなったのでコンスタントに飛んでいる」と確かな手ごたえがある。
昨年までは年間を通じて試合に出られるランキングではなかったが、今年はステップアップツアーに継続出場できる資格を得ており、「今までは続けて出られないことで、練習ばっかりになって考えすぎていた。今年は試合で試しながらできるので楽しみ」と気合いも入るシーズンイン。「1勝は必ず。2、3勝はしないと賞金女王は無理だからできるだけ早く勝ちたい」。それが地元の声援を受けるこの開幕戦なら最高だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

森美穂や北田瑠衣ら人気プロも!初日のフォトギャラリーはこちら
昨シーズンの悔しさを糧に 保坂真由が初タイトルへ2打差スタート
ただの“二軍”じゃない ステップアップツアーが変わる意味
「おしりと太ももがしっかりした」森美穂がフィッティングで成長実感!
2017女子プロゴルファー契約先一覧