血液型別【初対面の相手に好かれる方法】A型は肝心なところでひと押しする勇気を!

写真拡大

 春は仕事でも、プライベートでも、新しい人との出会いが増える時期です。初対面の人との出会いが苦手な人もいるし、とくに気にしないという人もいますが、相手に好かれるかどうかは別問題。今回は、血液型別に、初対面の相手に好かれる方法をお伝えします。

■A型……肝心なところでひと押しする勇気を持つ
 誠実で、対応がていねいなので、好印象を与えるでしょう。会話の内容も一般的で、不快を与えることはありません。人の話もちゃんと聞いて、相手のペースに合わせる強調性があります。ただ、インパクトが弱いため、営業や交渉先などでは、なかなか覚えてもらえない、有利に物ごとが進められない欠点も。ぜひ、肝心なところではひと押しする勇気を。

■B型……聞くことに意識を向けて
 物怖じしないB型。明るい笑顔で、初対面でも親しくなれるタイプ。相手が女性の場合は、いつものように気軽に話しかけ、男性の場合は、相手の話を引き出すように心がければ、さらにグッド。ただし、相手の言ったことを覚えていなかったり、適当に返事をしてしまう点があるので要注意。その後の印象が悪くなるので、聞くことに意識を向けましょう。

■O型……少し控えめ、笑顔を忘れずに
 面倒見のいい姉御肌のO型。しかし、初対面では、横柄に見えたり、怖そうに思われるので、愛想よく振る舞いましょう。相手の目を見て、にこりと微笑んで! あまりガツガツと話しかけず、少し控えめにしているぐらいが好印象を与えます。慣れてくれば、おもしろくて楽しい人だとわかってもらえますが、相手が心を許すまでは、徐々に距離を縮めていきましょう。

■AB型……自分から情報を開示
 礼儀正しく、論理的な思考の持ち主であるAB型。人付き合いでは一定の距離をとりますが、初対面ではさらに距離を置くため、相手は不安を感じたり、「嫌われているのでは……」と、誤解を受けることも。批判的精神があるため、ときどき鋭い意見を言って相手を凹ませてしまうので気をつけて。やさしい微笑みを心がけ、自分から情報を開示していきましょう。

 初対面の人に好かれるには、やはり誠実さが大事。話すのがうまくなくても、誠実に対応すれば、ちゃんと思いが伝わるでしょう。さらに、相手の立場や状況を考えていけば、良好な関係が築けるはずです。
(金森藍加)