デートから連絡ナシ!なとのやり取りを復活させる方法

写真拡大



何度かふたりでデートしたのに、なんとなくそれから連絡が減って自然消滅状態に……こんな状況になったらどうしていいか悩みますよね。自分から連絡しないと彼からはもう連絡がなさそう。こんな展開でどうしたら良いかを元女探偵の筆者が解説します。

■・相手の記憶をリセットさせて

「この子は恋愛対象としては違うかも」と思った感覚が男性に残っているうちに連絡をしてしまうと、関係がダメになってしまうことが多いです。そのため、彼から突然連絡が来なくなってしまったらいったん時間をおきましょう。ここでしっかりと冷却期間を置くことで、「違うかも」「付き合えない」と思った感覚も薄れて忘れていくからです。筆者の経験上、ひどくゴタゴタして別れたカップルであっても、時間を置くことでいい印象が上回って復縁に近づいたケースが多いです。

■・1ヶ月〜3ヶ月は連絡禁止!

時間を置く目安としては最低でも1ヶ月〜3ヶ月くらいは空けたいところです。音信不通になってから数ヶ月以上経っている場合はこちらから連絡してもOKでしょう。考えているうちにどんどん時間が経ってしまい、彼のほうが好意を持っていたとしても「今さら連絡しても遅いかも……」と思ってしまっている可能性もありますから、あなたから何かきっかけを投じる必要があります。

■・ 自分磨きをしておく

彼からの連絡が再開できたとしても、会ったときに「やっぱり違うな」と思われてしまっては関係が進展しません。「あれ?何か前より魅力的かも。もっと知りたい……」と思ってもらうためには、外見を変えたり新しい趣味を始めておくことも有効です。

彼と共通の趣味にチャレンジしてみるのも良いでしょう。彼に連絡するさいに「○○について教えてもらえる?」と連絡をとるきっかけにもなりますよ。

■・連絡の切り出し方はさりげなく

時間を置いたら「久しぶり!またご飯でもいきませんか?」など短めの内容でLINEを送りましょう。ここで重要なのが、連絡をくれなかったことを責めないこと。細かく追及されては、彼も会う気をなくしてしまいます。連絡がなかったことをまるで忘れているかのように誘うことで、彼も気軽に応じることができます。もし彼のほうから連絡しなかったことを謝られても、「私も忙しくて連絡しようと思いつつあっという間に時間が経っていて……」など理解のある言い方をしてあげると、彼からもデートに誘いやすくなるはず。

もし連絡をしても彼からのリアクションが悪かったとしたら、たまたま仕事やプライベートで余裕がなかったり他に彼女ができてしまっている可能性があります。その場合は無理に粘らず「また時間ができたらご飯でも行きましょう」といった言い方でサラッと終わらせておくことが大事です。いい印象を残しておけば、挽回のチャンスはありますよ。

■おわりに

大事なのは「冷却期間」。ある程度の期間をおいてかサラッとご飯に誘えば彼も乗ってくる可能性が大です。「なぜ連絡をくれなかったの」「私何か悪いことした?」と聞いたり責めたりしなければ、自然な形でやりとりを復活させることができますよ。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)(古泉千里/モデル)(泉三郎/カメラマン)