写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDIは3月28日、「KDDI クラウドプラットフォームサービス(KCPS)」の運用オプション「マネージドオプション」に、KDDI運用者による運用代行サービス「Professional」を追加し、第1弾として「障害一次対応」「Windows パッチ適用代行」「Windows 技術サポート」の3メニューの申込受付を2017年3月29日より開始し、4月中旬より提供開始すると発表した。

各メニューの特徴として、障害一次対応では、仮想サーバ上のOSレイヤからアプリケーションレイヤまでの障害発生時において、KDDIが障害一次切り分けから調査・復旧対応まで代行して実施する。

また、KDDIでの障害一次切り分け後、必要に応じて運用保守を委託しているベンダーに対してKDDIが調査・復旧依頼を代行して実施する。

Windows パッチ適用代行では、仮想サーバのWindows OS(利用者の持込みOSは除く)パッチの適用と動作検証 をKDDIが代行して実施し、動作検証で不具合が発生した場合は、切り戻しまで実施する。

Windows 技術サポートでは、仮想サーバのマイクロソフト製品に関する技術的な質問について、KDDIの技術者が対応するほか、「KCPS」と連携している、はてなの監視ツール「Mackerel」の監視設定に関する質問に回答。

月額料金(いずれも税別)は、障害一次対応がKDDI標準手順によるものが4000円/手順(仮想サーバ5個までの料金。また、マネージドオプションの「Basic」の利用が必須、利用料金が別途発生)、顧客提供の手順によるものが1万円/手順(同)、Windows パッチ適用代行が2万円/仮想サーバ(マネージドオプションの「Basic」の利用が必須、利用料金が別途発生)、Windows 技術サポートが6万円(最低利用期間は1年間)となっている。

(辻)