<トランプの娘イバンカの夫は、大統領の上級顧問を務めるうえ、新設のアメリカン・イノベーション・オフィスの責任者も任されたやり手。一方、ロシア疑惑に関わってFBIに証言を求められるなど、究極のインサイダーならではのきな臭さもある>

ドナルド・トランプ大統領の上級顧問を務める娘婿のジャレッド・クシュナーが、上院情報委員会で証言することを承諾した。トランプが大統領選に勝利した後の昨年12月に、クシュナーがセルゲイ・キスリャク駐米ロシア大使との会談に参加した件についてだ。

【参考記事】トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

FBI(米連邦捜査局)によればクシュナーは、トランプ政権とロシアの関係をめぐって同局が行っている捜査の焦点ではないようだ。しかし、昨年12月にクシュナーが参加したキスリャクとの会談については疑問が残っている。この会談には、トランプ政権で国家安全保障担当補佐官に任命されたマイケル・フリンも出席していた。フリンは公職に就く前に行われたキスリャクとの電話で、対露追加制裁の可能性について話していたことが問題になり辞任した。CNNの報道によると、クシュナーは、自発的に証言を申し出たという。

なお、ジェフ・セッションズ司法長官は、現在行われている調査から身を引いている。選挙戦のさなかにキスリャクと接触していた、という事実が明るみに出たからだ。

ただしホワイトハウスは、クシュナーの地位に関してさほど心配してはいないようだ。トランプは3月27日、クシュナーに対して、新しく設立された「アメリカン・イノベーション局」の責任者、および官僚機構の再考・改革という任務を課した。クシュナーは、中東和平交渉に関するトランプ政権の取り組みも率いている。

知っておくべき5つの事実

トランプが絶大な信頼を寄せるこの大統領上級顧問について、上院情報委員会での証言が行われる前に知っておくべき5つの事実を以下にまとめておこう。

1. クシュナーの父はかつて、クシュナー・カンパニーズのCEOを務めていた。クシュナーの妻イバンカ・トランプと同じように、クシュナーも、不動産業界の大物を父に持って育ったのだ。クシュナーがニューヨーク大学のビジネス・スクール・ロー・スクールでMBA/法務博士号(J.D.)の勉強をしていたとき、父チャールズ・クシュナーは脱税などの容疑で逮捕され、有罪判決を受けた。

【参考記事】トランプを大統領にした男 イバンカの夫クシュナーの素顔

クシュナーは弁護士になるという夢を捨て、2008年に事業を引き継いだ。当時、連邦検事を務めていたクリス・クリスティは、チャールズ・クシュナーの起訴に重要な役割を果たした人物だ。のちにニュージャージー州知事となり、トランプを支持してきたクリスティーが、ホワイトハウスの要職に就いていないのには、こうした背景があるのかもしれない。

ジャニス・ウィリアムズ