Mnet、韓国初のガールズグループ養成機関「アイドル学校」を設立…優秀生は今年下半期にデビュー

写真拡大

Mnetが下半期を率いる新プロジェクトを公開した。大韓民国初のガールズグループ専門教育機関「アイドル学校」を設立するというもの。

「アイドル学校」は、アイドル育成プロジェクトで、韓国初のガールズグループ養成専門教育機関に入学する新入生を募集し大長征(長い道のりにわたって征伐すること) を始める。編成は今年7月の予定で、本日(28日) から公式ホームページを通じて入学志願を受け付ける。

「アイドル学校」の入学生は、11週間の全教育課程を履修し、教育課程修了後卒業試験を通過した最優秀学生は、2017年下半期卒業と同時にガールズグループとなり即デビューする。

創立理念は、「何においても、なれるという可能性を持った君たちは皆美しい」だ。志願資格はただ“情熱が美しい”“才気が美しい”“心が美しい”“顔が美しい”と、美しい人。ガールズグループデビューを希望する一般人の中で、まだ完成された実力がなくても、ガールズグループに必要な小さな可能性さえ持っているなら、誰でも入学資格が与えられる。それ故「アイドル学校」の入学審査項目からダンスと歌の実力は省かれる。ハードルを下げることで、ガールズグループでデビューを夢見る人たちの志願が可能となる。

「アイドル学校」の教科過程は、一般的な企画会社の長期的なトレーニングシステムとは違いを持たせ組まれる見通しだ。練習生で始めデビューまでに要する期間を最小化するため“短期集中、カスタマイズ授業”を実施する予定だ。

制作陣は、「『アイドル学校』は、既に多くの事を備えている練習生をアイドルに成長させる学校ではなく、潜在力である可能性を持つ学生を教えて、育て、デビューさせる成長型アイドル育成学校だ」と述べた。

「アイドル学校」の成長型教科過程も準備されている。まず現在、我こそはというガールズグループ企画事務所の代表が諮問委員となり、ガールズグループになるため最高レベルの必修教育課程を直接企画し、検討する教科過程を作った。Mnetが公開した予告映像では、「アイドル学概論」「カル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス) への理解」「アイドルメンタル管理学」「発声と呼吸の関係」「ステージトラブル対処述」など、本当の学校のように華やかなカリキュラムが紹介され、関心を集めている。また、韓流を先導する大韓民国のアイドルを育てたボーカル、ダンスなど各分野の担当チームが実際に教師となって大勢合流する予定だ。