写真提供:マイナビニュース

写真拡大

同製品はすでに4.5mm×4.7mmのLGAパッケージで提供されており、照明器具や光源、リニア型LEDのT-LED製品など、より大型の交換ランプなどにフレキシブルに統合することが可能となっている。

amsは、同社のセンサ駆動のSoC照明ソリューションポートフォリオとして、センサを統合した調整可能な白色光スマートシステム「AS7225」を発表した。

同製品は、内蔵型三刺激CIE XYZカラーセンサを搭載。これにより、ヒトの色覚の標準対位的定義として認められている国際照明委員会(CIE)の1931カラースペースに直接マッピングする精細なカラーセンシングが可能になった。また、CCTおよび昼光調整命令はI2Cインタフェース経由でホストマイクロプロセッサと通信するため、スマート照明メーカーはキャリブレーションや調節アルゴリズム開発を回避することができるようになるという。

なお、同製品はすでに4.5mm×4.7mmのLGAパッケージで提供されており、照明器具や光源、リニア型LEDのT-LED製品など、より大型の交換ランプなどにフレキシブルに統合することが可能となっている。

(小林行雄)