まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

写真拡大 (全3枚)

80年代後半から90年代に活躍したセガの家庭用ゲーム機「メガドライブ(海外ではGenesis)」ですが、本機向けの新作ゲーム『PAPRIUM』が2017年秋に発売となるようです。なお、本作はセガ社のライセンスを受けていない商品となります。

光の明滅にご注意下さい
デベロッパーWM's Magical Game Factoryが4年の歳月をかけて開発した『PAPRIUM』は、PCや現世代機向けの“〜風”ではない、完全なるメガドライブ/Genesis専用ゲーム。16-Bitへの情熱を注いだ次のような要素を特色としています。

概要
舞台は8A2年、上海、東京、平壌の間の何処か。壊滅的な核戦争後に灰の中から生まれた残忍な巨大都市PAPRIUMで、Tug、Alex、Diceの3人が自身の運命と戦う。正義という言葉を再定義し、BLUドラッグの誘惑に対処。そして何より重要なのは生き延びること。

“究極のメガドライブゲーム”は伊達じゃない
・サイズショック:
80-MEG、24以上のレベル、5人以上のプレイアブルキャラクター!
・スピードショック:
徹底的な60fpsの先進16-Bitビジュアル
・サウンドショック:
48Khz x 24 channels (FM, PSG, DT128M16VA1LT)

損なわれていないディテール
・1人、あるいは2人同時ゲームプレイ
・多数のゲームモード
・3つのセーブスロット

かなり気合の入った『PAPRIUM』は2017年秋に発売予定。公式サイトでは日本も対象に予約を受け付けています。価格は“LIMITED”エディションが89.00ドル、“CLASSIC”エディションが69.00ドルです。各エディションにはオリジナル80-MEGカートリッジ、フルカラーの説明書、クオリティボックス、複数のおまけを収録。ゲームはリージョンフリーで、メガドライブ/Genesis本体のPAL版とNTSC版、両方に互換性を持つとのことです。

おまけ: メガドライブTVCM