日本サッカー協会(JFA)は本日28日、タイサッカー協会とパートナーシップ協定を締結したことを発表した。協定期間は2017年3月28日(調印日)から3年間。今回の協定締結により、今後さらに両者の関係を強固にし、両国のサッカーの発展のため、積極的に相互協力を図っていくとした。

 なお、JFAはこれまで、タイサッカー協会のほか、フランスサッカー連盟、スペインサッカー連盟、シンガポールサッカー協会、ドイツサッカー連盟、アラブ首長国連邦サッカー協会、ヨルダンサッカー協会、ベトナムサッカー連盟、イランサッカー連盟、インドサッカ連盟、モンゴルサッカー連盟、イングランドサッカー協会、香港サッカー協会、デンマークサッカー協会(締結順)の13の連盟・協会とパートナーシップ協定を締結している。