2ゴールに絡んだFW久保建英

写真拡大

 ドイツ遠征中のU-20日本代表は27日、U-21スタンダール・リエージュと練習試合(45分×2)を行い、FW岩崎悠人、FW久保建英、FW小川航基のゴールで3-0の快勝を飾った。ドイツ遠征の最終戦を白星で締めくくった日本。5月20日に開幕するU-20W杯前最後の海外遠征を3勝1敗で終えた。

 気温20度以上の中で行われた一戦。日本は序盤から激しいプレスと積極的な攻撃でペースを握ったが、前半はスコアレスで終了した。それでも後半3分に、岩崎が久保とのコンビネーションから冷静にシュートを決め、先制に成功。さらに同12分、MF堂安律が獲得したFKを久保が直接沈め、リードを広げる。

 その後も日本が主導権を掌握。後半40分には、途中出場のFW高木彰人が左サイドからクロスを送り、同じく途中出場の小川が巧みなコントロールからゴール右隅に決めて突き放す。日本は守備でも相手に付け入る隙を与えず、3-0で完封勝利を収めた。

 内山篤監督は日本サッカー協会(JFA)を通じて「遠征全体を通し、U-20ドイツ代表には敗れてしまいましたが、試合を重ねる毎に攻守において良いプレーが多くなり、5月のU-20W杯に向けてチーム全体として良いイメージを共有できた代表活動になりました」と遠征を総括。

 また、堂安は「前半は自分たちのリズムでボールを動かすことができず難しい展開になりましたが、後半はパスミスも減りポジションチェンジなどの変化も加え、チームとして得点を奪えることができて良かったと思います」と手応えを口にし、「5月のU-20W杯は、今年一番の目標にしているのでそこで良いプレーできるよう、まずは所属クラブで試合に出場できるように頑張ります」と今後に向けて意気込みを語った。

以下、試合記録

■U-21スタンダール・リエージュ 0-3(0-0)U-20日本

【得点】

48分:岩崎悠人

57分:久保建英

85分:小川航基

【スターティングメンバー】

GK 波多野豪

DF 舩木翔、杉岡大暉、冨安健洋、初瀬亮

MF 三好康児、坂井大将、原輝綺、堂安律

FW 久保建英、岩崎悠人

【交代】

HT:三好康児→森島司

68分:岩崎悠人→旗手怜央

71分:堂安律→遠藤渓太

74分:久保建英→小川航基

74分:坂井大将→市丸瑞希

78分:原輝綺→神谷優太

78分:初瀬亮→高木彰人


●U-20W杯韓国2017特集ページ