マピオン、位置情報分析ツールで人口・世帯数など可視化 誰でも簡単に使える無料データサイトを公開

写真拡大 (全4枚)

マピオンは、誰でも簡単に国勢調査などのオープンデータを参照、活用できる無料サイト「マピオン データマップ」 https://www.mapion.co.jp/datamap/ を2017年3月27日(月)に公開する。同社独自の位置情報分析ツール「loghouse」により、人口数や世帯数などを地図上に可視化した。マーケティングや市場調査の情報収集などの参考にして利用可能だ。

近年、国勢調査などのオープンデータを活用する動きが加速している。また、地図や位置情報を組み合わせた「エリアマーケティング」への利活用も増えている。一方で、データの活用方法が分からなかったり、ツールを導入しても操作方法が複雑だったりと、様々な課題も見られる。

そこで同社では、誰でも簡単にオープンデータを活用できるよう「マピオン データマップ」を公開した。「人口数」、「世帯数」、「就業日数・時間」など、「loghouse」により地図上に可視化した10種類のデータマップを無料で利用できる。都道府県・市区町村別にデータ値を濃淡で表示するほか、詳細データを吹き出しで表示。また、性別や年齢別などでデータの絞り込みもでき、絞り込んだデータの多い順・少ない順に3つランキング形式で表示してくれる。

「マピオン データマップ」では、取り扱うデータの種類を増やしていくとのこと。さらに、マピオン独自調査によるオリジナルデータの提供まで広げることで、数年に一度の国勢調査データではなく、「loghouse」とあわせてリアルタイムな情報を使った分析が可能となる。

■サイト概要
サイト名称:マピオンデータマップ
URL: https://www.mapion.co.jp/datamap/
提供開始日:2017年3月27日(月)
利用料:無料
提供データ(3月27日現在)
・人口マップ:都道府県・区市町村別の人口データ。性別・年齢別に絞り込みが可能。
・世帯数マップ:都道府県・区市町村別の世帯数データ。ひとり暮らしや、大家族など世帯人員数別に絞り込みが可能。
・交通手段マップ:交通機関の利用率。車や鉄道、バス、徒歩などの手段別に絞り込みが可能。
・起業者マップ:都道府県ごとの起業者(経営者・社長・創業者含む)数データ。性別・年齢別に絞り込みが可能。
・就業時間マップ:都道府県ごとの年間就業日数および週間就業時間別の就業者数データ。

上記5つのマップのほか、「対象人口÷総人口」など、総数における割合が見られるそれぞれの「比率マップ」も用意。通常、結果が人口の多い大都市圏に集中する傾向があるが、「比率マップ」では人口数の絶対値では表示されないため、割合を見る場合に役立つ。




■マピオンデータマップ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
・Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始
・“渋谷らしさ”とソニーのテクノロジー・製品・コンテンツが融合した“Sony Square Shibuya Project”
・賞金総額700万円、シャドウバースの国内最強プレイヤーを決めるイベントを開催
・音楽ゲームのルーツ「パラッパラッパー」が20年の時を経てPS4に復活!