28日、中国メディアの環球網は、違法に中国人を風俗店で働かせていたとして、経営者の在日中国人・孫偉偉容疑者が逮捕されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年3月28日、中国メディアの環球網は日本メディアの報道を引用し、違法に中国人を風俗店で働かせていたとして、経営者の在日中国人・孫偉偉(スン・ウェイウェイ)容疑者が逮捕されたと伝えた。

記事は、日本の法律では留学生が風俗営業店で働くことを禁じていると紹介。しかし、東京都内で派遣型風俗店「アルカディア」を経営する孫容疑者は、中国人留学生らを雇って違法に風俗店で働かせていたため、出入国管理及び難民認定法、不法就労助長罪の容疑で警視庁により逮捕されたという。

これに対し、中国のネットユーザーから「海外に行って恥をさらすのはやめてくれ」「こういう中国人留学生は日本に残ってくれ。恥ずかしいから中国には帰ってくるな」などのコメントが寄せられた。

また、「中国人は中国人を陥れるのが好きということだ」「防火、防犯、そして防同胞だな」など、注意すべきは同胞の中国人だとの意見も多かった。

他には、「留学というのは風俗を学ぶためだったのか」「女子学生はもっと自愛すべき」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)