27日、民進党小西洋之参院議員が自身のTwitter上で、参院予算委員会を振り返った。

今回の予算委員会では、学校法人・森友学園が大阪・豊中市の国有地を格安で取得した件などについて、同学園理事長・籠池泰典氏が証人喚問に応じていた。与野党議員から国有地払い下げについて追及された籠池氏は、安倍晋三首相の夫人・昭恵氏に相談するため電話し、留守番電話を残したことを証言している。

そして平成29年度の参院予算審議が終わった27日、小西議員は「森友学園の追及で安倍総理はおろか閣僚一人も辞任に追い込めなかった。政権の支持率も非常に高い状況にある」と、同予算委員会に対する感想を語る。

続けて、「予算委が終わると追及の場所が限られてしまうが、何とか打開したい」「党内で共有し残りの通常国会の糧としたい」とも綴り、今後も国会で安倍内閣を追及してく決心を述べたのだった。 【関連記事】
民主党・小西ひろゆき議員、安倍晋三首相の米議会演説を酷評「ひどい棒読み」
民主党の小西洋之議員 田原総一朗氏からの「クイズ」に答えられず動揺
民主党の小西洋之議員が読売新聞と産経新聞の報道姿勢に不満をぶちまける