大きな役割を担ったイスラエル人を演じるクリス・エヴァンス
 - Mike Marsland / WireImage / Getty Images

写真拡大

 映画『キャプテン・アメリカ』シリーズのクリス・エヴァンスが、『テラー トレイン』などの監督で、テレビシリーズ「HOMELAND」などのクリエイターであるギデオン・ラフがメガホンを取る新作『レッド・シー・ダイビング・リゾート(原題) / Red Sea Diving Resort』に出演することになったとDeadlineが報じた。

 本作は、1981年にエチオピア系ユダヤ人がイスラエルに移住するに至るドラマを描くもの。エヴァンスは、この救出劇で大きな役割を担ったイスラエル人を演じる。ラフ監督自身が脚本も手掛ける。

 エヴァンスは、マーク・ウェブ監督の『ギフテッド(原題) / Gifted』が4月7日より全米公開予定。また現在は、『アベンジャーズ』シリーズ最新作『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー(原題) / Avengers: Infinity War』の撮影中。(鯨岡孝子)