『iOS 10.3』にアップデートしたら、ロック画面に毎回「2ファクタ認証 Apple IDとiCloudのデータを保護するために、セキュリティを一層強化します。」と表示されるようになった・・・。

これはiOS 10.3で導入された、2ファクタ認証の設定を促すための通知です。

何かと話題になることも多い、Apple ID乗っ取りの被害に遭うリスクを減らせるものなので、この機会にぜひ設定しておきましょう。

こちらもご覧ください。
『iOS 10.3』正式公開、アップデート前にバックアップを忘れずに
→ 『iOS 10.3』の気になる変更点まとめ

2ファクタ認証とは?

2ファクタ認証を設定すると、Apple IDにサインインする際にメールアドレスとパスワードに加え、6桁の確認コードが必要になります。

確認コードは、そのApple IDでサインイン済みのほかのiPhoneやiPad、もしくは電話番号にSMSか音声通話で届きます。

サインイン済みのiPhoneやiPadに届く場合、まずそのサインインを許可するか否かを選ぶ必要があります。


このように確認コードや許可が必要になるので、もしパスワードが流出したり、誰かに推測されたりしてもApple IDを乗っ取ることは難しくなります。

ほかにもApple IDでサインインするデバイスがある場合、以下の条件を満たしている必要があります。


iOS 10.3で2ファクタ認証を設定する方法

設定アプリを開きます。


一番上に表示されている【2ファクタ認証を有効にする】をタップ。


【有効にする】をタップします。


まず電話番号を登録しましょう。iPhoneの電話番号を登録する場合、【SMS】ならメッセージアプリに確認コードが届きます。【音声通話】なら電話がかかってきます。
設定が終わったら画面右上の【次へ】をタップ。


SMSか音声通話で確認コードが届くので、そのコードを入力します。


Apple IDのパスワードを入力しましょう。


いま使っているiPhoneのパスコードを入力しましょう。このパスコードが、他のデバイスでiCloudにサインインする際の本人確認に使うパスコードになります。


これで2ファクタ認証の設定は完了です。

iCloudメール・カレンダーなどを他社製アプリと同期している場合

2ファクタ認証を設定すると、そのままでは他社製アプリと同期できなくなります。他社製アプリは2ファクタ認証に対応していないからです。

他社製アプリと同期させるにはApp用パスワードを作成しましょう。このパスワードを使うことで他社製アプリと引き続き同期できます。

Appleのウェブページで作成方法が紹介されています。こちらをご覧ください。

App 用パスワードを使う - Apple サポート

外部サイト