BIGBANGのD-LITE“日本のスタッフに「どんな意味?」と聞かれて…”最近驚いた出来事とは?

写真拡大 (全2枚)

昨年、デビュー10周年を迎え、11月〜12月にかけ全4都市16公演で78万1,500人を動員、海外アーティスト史上初の4年連続日本ドームツアーを行ったBIGBANG。ひとつの節目を迎えた後、今年2月にメンバーT.O.Pが入隊。完全体での活動はしばしお休みだが、彼らの歩みは止まらない。ソロアーティストとしてD-LITEがミニアルバム「D-Day」をリリース、4月からはドームツアーも開催する。「D-Day」CD発売に先がけ、28日(火)AM0:00より音源が各配信サイトにて先行配信され、iTunes総合ミュージックアルバム1位を獲得したほか、mu-moリアルタイムランキング シングル/アルバム1位、mora総合アルバム最新ランキング1位など、各サイトのランキング首位を席巻。また配信開始直後にはTwitterトレンドでも「#DDay」が1位になるなど注目度の高さを伺わせた。そんな彼に「MADE」のこと、自身のミニアルバム「D-DAY」に対する思いなどを語ってもらった。

【プレゼント】BIGBANGのD-LITE、日本ドームツアーへご招待! 応募はTwitterをフォロー&ツイート

―2月15日にリリースしたBIGBANGのフルアルバム「MADE」について

D-LITE:このアルバムは2015年からはじまった<MADE SERIES>の完結編なんです。このアルバムのために「FXXK IT」「LAST DANCE」「GIRLFRIEND」と3曲の新曲を用意したのですが、なかでも「LAST DANCE」は、BIGBANGの10年が一段落し、第2章のはじまりを告げる、僕にとってもファンの皆さんにとっても意味のある曲だと僕は思っています」

―3月22日にリリースとなるBIGBANGのLIVE & Blu-ray「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-」について

D-LITE:ツアー最終日、12月29日の大阪公演(京セラドーム) を完全収録しているのですが、T.O.Pが入隊前最後のツアーだったこともあり、いろんな意味でこれまでとは違うBIGBANGを感じていただけると思います。ファンの方たちが泣いている姿をたくさん見ましたが、だからこそ僕は笑顔で皆さんとの最後の時間を楽しもう、皆さんに楽しんでもらおうと心がけました。なぜならば、これがBIGBANGとして最後のライブではないからです。なのにV.Iはみなさんの涙を誘うことばかり言っていて(笑) パフォーマンスはもちろんですが、MCで僕たちのやりとりにもぜひ注目してみてほしいです。しばらく5人という完全体としてのBIGBANGでの活動はありませんが、このLIVE DVDで僕たちを近くに感じ続けてほしいですし、次に会える時を、新たなBIGBANGを期待していて待っていてほしいです。

―2014年の「でぃらいと」以来久しぶりとなるソロでの日本活動に関して

D-LITE:まずはこのような機会を与えてくださったすべての皆さんに感謝したいと思います。ソロ活動は久々なので、正直プレッシャーはもちろんありますけど、それで緊張しすぎちゃうとか、悪いプレッシャーは感じていないです。前回は2年半前だったんですよね〜(しみじみ) 時間が過ぎるのがすごい早いな〜って。僕だけでなく、4人のメンバーにも言えることなんですけど、一日一日をより大切に、重々しく感じられるようになったんです。ファンの皆さんからの愛もより強く感じられるようになった中で、今回またアルバムを出せることになり、僕のやりたかった音楽を今の最高の形で表現することができたと思っています。皆さんからどんな反応が返ってくるのか、僕自身すごく楽しみですし、みなさんも2年半前から成長したD-LITEを楽しみにしていてほしいです。

―すっかり日本に慣れているかと思うのですが、あえて最近「こういうのは知らなった」という日本の文化や「韓国とは違う」と思ったことについて

D-LITE:僕のアルバムタイトルにもなっている「D-Day」という言葉は、世界中で認識されている言葉だとずっと思っていたんです。なので、今回アルバムのタイトルとしてつけることになった時に、日本の皆さんも当然のように知っているだろうと思い込んでいたら、日本のスタッフの方に「どんな意味なの?」って聞かれてビックリしました。韓国ではアーティストのリリース日とか、恋人の記念日とか、それぞれが意味する“大切な日”として日常的に使われている言葉なんです。

最近では日本と韓国との違いを感じるようなことはそんなになかったのですが「D-Day」が日本ではあまり浸透していないことを初めて知って久々に驚きましたね。

時間がない方も、頑張って作ってライブへ来てください(笑)

―発売されるミニアルバム「D-Day」についての聴きどころや、作品のポイントに関して

D-LITE:毎回僕の作品は、タイトルの頭文字に必ずD-LITEの“D”がついているので、今回も“D”がつくことは必須だったんです(笑) 「D-Day」というタイトルは韓国で“大切な日”を意味する言葉なのですが、いろんな意味で今の僕を象徴するタイトルなんじゃないかと思い、このタイトルにしました。

以前から僕の作品に対するキーワードとして“温かみ”“温かさ”というものがあるのですが、今回ももちろん“温かみ”“温かさ”を感じていただける作品になっていると思います。そして、ジャンルとか関係なく、結局いい曲みたいな(笑) 流れ的に変な形になったとしても、変な形だからこそ美しく見えるようなアルバムを作りたかったんです。とはいえ、前作と大きく違うのは全体的に“ノリがいい”こと。BIGBANGのツアーのソロステージの時にもとにかくみんなで楽しみたいという思いでやっていたんですけど、時間が経てば経つほどみんなと一緒に楽しみながら歌うのが好きになっていたんです。だからこのアルバムでは楽しい曲をたくさん歌いたくて、聞いてくださる方も楽しい気分になれる楽曲をたくさん収録しました。

プロデューサーは前作に引き続き亀田誠治さん。また以前カバーアルバム「D'scover」で歌わせていただいた絢香さん、秦 基博さん、いきものがかりの水野良樹さんが今回は僕のためにオリジナルの楽曲を書き下ろしてくださいました。この3人は僕が心から好きなアーティストの方たちで、ぜひお願いしたいと僕の強い要望で今回実現したんです。

絢香さんとは、今この取材を受けているこの部屋で打ち合わせをさせていただいたのですが、僕が言いたいことを少し話しただけでわかって、キャッチしてくださって、心と心で会話できた気がしましたね。絢香さんの印象は、柔らかいけど中身が深い人、温かい紫色みたいな。絢香さんの人柄や感情がそのまま楽曲から伝わってくるんだなって感じましたね。なので、今回絢香さんに作っていただいた楽曲を聞いていただいたら、すぐに“あ〜これは絢香さんがD-LITEのために書いた曲だな”ってわかっていただけるんじゃないかと思います(笑)。

秦さんに関しては、僕は秦さんのバラードも好きなのですが、それ以上にリズムのある楽曲が好きだったので、それをお伝えして僕をイメージして作っていただきました。そして、水野さんといえば、僕のライブでは欠かせない「じょいふる」の作者でもありますが、「じょいふる」に匹敵するような皆さんと盛り上がれる楽曲を作っていただきました。出来上がった楽曲を聞いた瞬間、早くライブで歌いたい! と一気にテンションが上がりましたね。

またプロデューサーの亀田さんと一緒に2曲ほどメロディーを書いたり、僕がイメージした想いを伝えて歌詞にしていただいたので、そちらも楽しみにしていてほしいです。今、僕が見せられるものは全部見せたといっても過言ではないほど、出来上がりに満足しています。「D'slove」ではちょっと切なくて、大人っぽい世界観だったのに対して、今回は全体的に少年っぽい、精神的にはちょっと若返った印象、希望を持っていただけるんじゃないかと思います!

―初のソロドームツアー「D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 〜D-Day〜」見所、楽しみにしてほしいことに関して

D-LITE:BIGBANGのライブが魅せるライブだとしたら、僕のソロライブはファンの皆さんと一緒に作っていくライブだと思っています。なので、ちゃんと歌う準備、踊る準備をしてきてほしいです。ステージ上で皆さんが僕と一緒に歌ったり踊ったりしている姿を見ると、大きい力になるんです。「ひとりでドーム公演は不安じゃないですか?」とか聞かれたりするんですけど、BIGBANGのツアーのときからソロコーナーではステージに僕ひとりしかいないから、ソロのドームツアーだとイメージしながらやっていたんです。ずっとイメージトレーニングしてきたから、今は不安というよりもワクワクしかないです。僕のライブは最初から最後までフィードバックだと思います。今回はドームという大きな会場ですし、そこでたくさんのファンの方たちと共感しながら、広い世界を作っていきたいと思います。時間がある方はぜひ来てください! なくても頑張って作ってきてください(笑)。

インタビュー・星野彩乃

■リリース情報
「D-Day」
2017年4月12日(水) リリース

>>CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー
品番:AVCY-58486/B
価格:¥3,800(税抜)
>>CD+スマプラミュージック
品番:AVCY-58487
価格:¥2,400(税抜)
>>PLAYBUTTON
品番:AVZY-58485
価格:¥2,400(税抜)

<CD>
全7曲以上収録予定
<DVD>
MUSIC VIDEO・MUSIC VIDEO メイキング・その他収録予定

「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-」
2017年3月29日(水) リリース

>>DELUXE EDITION [DVD(4枚組)+LIVE CD(2枚組)+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック]
価格:¥12,300(本体価格+税)
>>DELUXE EDITION [Blu-ray(3枚組)+LIVE CD(2枚組)+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック]
価格:¥13,300(本体価格+税)
>>[DVD(2枚組)+スマプラムービー]
価格:¥7,300(本体価格+税)
>>[Blu-ray(2枚組)+スマプラムービー]
価格:¥8,300(本体価格+税)

■関連サイト
BIGBANG公式ホームページ:http://ygex.jp/bigbang/