写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コンテックは3月28日、パワーコンディショナ(パワコン)の出力制御機能を搭載した太陽光発電監視システムパッケージ「SolarView Air 出力制御対応版(型番:SV-AIR-MC310-P01)」を開発、2017年4月3日より出荷を開始すると発表した。

2017年4月に施行される改正FIT(固定価格買取制度)法では、太陽光発電事業者は、送配電事業者から要請があれば送電量の抑制に応じる必要があると定められており、出力制御の機能を有するパワコンおよび通信設備の導入が求められるようになっている。

同製品は、発電所に現地設置する3G通信回線付き計測装置と遠隔監視のクラウドサービスをセットにした太陽光発電監視システムのパッケージ「SolarView Air」をベースに、出力制御に対応したパワコン(狭義)へ制御指令を送る「出力制御ユニット」の役割を担う機能を搭載したもので、電力サーバから出力制御カレンダーを自動取得することで、パワコンに対して出力制御の指令を行うことを可能とする。

出力制御カレンダーは直近7日間の取得状況を確認。カレンダーの取得がない場合、7日前/3日前/1日前にEメールで通知するほか、パワコンの状態変化を正確に通知することが可能であるため、パワコンが複数設置された発電所でも故障を正確に把握できるようになるという。

また、3G回線を用いることで、いつでも・どこでも発電状況を閲覧することが可能なほか、最大40拠点の発電状況を1つの画面で閲覧することができるため、複数の太陽光発電所を所有している施主やO&Mでも容易な管理・運用を実現できるとしている。

なお、同製品はオープン価格で、既設SolarViewシリーズからのアップグレード用パッケージも用意。SolarView Airからのアップグレードでは出力制御対応への改造、SolarView Compactからのアップグレードでは計測装置の下取りを行うことで価格を抑えたつつ、アップグレードを実現できるとしている。また、別途、性能維持のためのクラウドサービス(年額)およびオンサイト保守サービス(年額)の契約が必要となっているほか、現地試験調整作業費用(一時金)も発生するという。

(小林行雄)