写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ルネサス エレクトロニクスは3月28日、同社の産業機器向けLinuxプラットフォームソリューション「RZ/G Linuxプラットフォーム」と、同プラットフォーム認証済みのパートナ製ソフトウェアや評価ボードなど、関連情報をすべて集約させ、実際に購入まで可能となる「産業向けルネサスマーケットプレイス」を開設し、2017年4月11日より日本にてサービスを開始することを発表した。

RZ/G Linuxプラットフォームは2016年10月より、動作検証済みLinux標準パッケージとして、LinuxやGUI、セキュリティなどのほか、クラウド上でのビルド、検証、解析を行う開発ツール群と、ソフトウェア・アドオンによる機能拡張を容易化する動作検証済みミドルウェアなどを組み合わせて提供してきたサービスで、今回のマーケットプレイスの開設は第2ステップに位置づけられる取り組みとなる。

同マーケットプレイスは、ユーザがいち早く新技術を導入したり、市場に受け入れられる製品やサービスをタイムリーに投入できるようにすることを目指して、パートナ各社のRZ/G Linuxプラットフォームに関連するソリューション情報を集約したもので、ユーザは、パートナ企業が登録したRZ/G Linuxプラットフォーム認証済みのソフトウェア(評価版)をダウンロードして、すぐに評価・検証を開始したり、RZ/G Linuxプラットフォームに関連する最新情報を入手することが可能となる。

また、将来的には、パートナ企業の製品を組み合わせて、目的別にソリューションを提案することで、短期間での製品企画やシステムの検証も可能にしていく予定としている。

さらに、電子商取引(eコマース)により、パートナ各社のソフトウェアやツール、ボートなども含めて、ユーザを限定することなく、購入することも可能になっているという。

なお、ルネサスでは先般、社会インフラ向けに産業グレードのオープンソースソフトウェア基盤を提供するCivil Infrastructure platformプロジェクトへと参画しており、同プロジェクトの成果物となる産業グレードのLinuxのRZ/Gプラットフォームへの展開も進めていく予定としている。

(小林行雄)