BIGBANGのT.O.P&JYJ ジュンス、明日(29日)訓練所を退所…義務警察として本格始動

写真拡大

BIGBANGのT.O.PとJYJ ジュンスが義務警察(兵役期間の間、軍隊に服務する代わりに警察の業務を補佐する兵役) 訓練所を退所し、警察楽隊と京畿(キョンギ) 南部庁広報団にそれぞれ配属される。

T.O.Pは29日、高陽(コヤン) 市にあるソウル機動本部教育訓練センターで退所式を持って、ソウル江南(カンナム) 警察署のソウル警察楽隊に配属される。

ジュンスも同日京畿南部地方警察庁の義警教育センターを退所し、京畿南部地方警察庁の広報団として服務を始める予定だ。

2人は2月9日、忠南(チュンナム) 論山(ノンサン) 陸軍訓練所に入所し、4週間の基礎軍事訓練を受けた。9日からT.O.Pはソウル機動本部教育訓練センターに、ジュンスは京畿南部地方警察庁義警教育センター第1084期に入校し、訓練を受けた。

入隊前にT.O.Pは昨年下半期、第348次ソウル地方警察庁義務警察特技楽隊要員募集試験に応募して最終的に合格し、ジュンスは京畿南部地方警察庁広報団部門に合格した。2人は2018年11月に除隊する予定だ。